Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ドバイワールドCデイ、まとめ

03/25(土) ドバイワールドC(4歳上、首G1・ダート2000m)
出走予定馬(3/9現在)

03/02(木) マクトゥームチャレンジラウンドIII(4歳上、首G2・ダート2000m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (8) Electrocutionist(USA) / S.Bin Suroor / L.Dettori 6/5F 2.01.06
2 (13) Chiquitin(ARG) / I.Jory / M.Kinane 11/4 7
3 (2) Elmustanser(GB) / D.Watson / R.Hills 20/1 2.1/4

■展望 マクトゥームチャレンジラウンドIII(3/2)、展望
■結果 ゴドルフィンデビューのElectrocutionistが7馬身差圧勝
■動画 スーパーサーズデイ・動画

02/09(木) マクトゥームチャレンジラウンドII(4歳上、首G3・ダート1800m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (1) Jack Sullivan(USA) / G.Butler / E.Ahern 100/30 1.50.36
2 (3) Blatant(GB) / I.Mohammed / K.McEvoy 4/5F 1
3 (2) Eccentric(GB) / S.Seemar / J.Murtagh 14/1 ハナ

■展望 マクトゥームチャレンジラウンドII(2/9)、展望
■結果 Jack Sullivan、05年に続き連覇達成
■動画 ドバイインターナショナルレーシングカーニバル4日目・動画

01/19(木) マクトゥームチャレンジラウンドI(4歳上、首G3・ダート1600m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (6) Blatant(GB) / I.Mohammed / R.Hills 9/1 1.36.71
2 (7) Cherry Pickings(USA) / A.Laird / T.Durcan 12/1 9.3/4
3 (5) Lundy's Liability(BRZ) / M.De Kock / K.Shea 13/8F 1.1/2

■展望 ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2006開幕
■結果 ハヤ王女所有のBlatantが9馬身差圧勝
■動画 ドバイインターナショナルレーシングカーニバル1日目・動画


03/25(土) ドバイデューティーフリー(4歳上、首G1・芝1777m)
出走予定馬(3/9現在)

03/02(木) ジュベルハッタ(4歳上、首G2・芝1777m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (3) Touch Of Land(FR) / H-A.Pantall / C.Lemaire 8/1 1.52.05
2 (10) Lord Admiral(USA) / C.O'Brien / M.Kinane 14/1 1.1/4
3 (8) Seihali(IRE) / D.Selvaratnam / J.Murtagh 7/1 1.3/4

■展望 ジュベルハッタ(3/2)、展望
■結果 フランスのTouch Of Landが快勝
■動画 スーパーサーズデイ・動画

02/24(金) バランシーン(4歳上牝、準重賞・芝1777m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (8) Irridescence(SAF) / M.De Kock / W.Marwing 7/2 1.52.17
2 (10) Satwa Queen(FR) / J.Roualle / E.Legrix 8/11F 1.1/4
3 (1) Brindisi(GB) / D.Selvaratnam / J.Murtagh 8/1 5.1/2

■展望 バランシーン(2/24)、展望
■結果 南ア3歳牝馬チャンピオンIrridescenceが完勝
■動画 ドバイインターナショナルレーシングカーニバル8日目・動画

02/23(木) アルファヒディフォート(4歳上、首G2・芝1600m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (9) Linngari(IRE) / H.Brown / K.Shea 5/2F 1.40.20
2 (11) Lord Admiral(USA) / C.O'Brien / J.Murtagh 14/1 2.1/4
3 (1) Holiday Camp(USA) / M.Al.Muhairi / W.Smith 33/1 1.1/4

■展望 アルファヒディフォート(2/23)、展望
■結果 Linngari、アルラシディヤに続き重賞連勝
■動画 ドバイインターナショナルレーシングカーニバル7日目・動画

02/09(木) ケープヴェルディ(4歳上牝、準重賞・芝1600m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (8) Clinet(IRE) / J W Hills / E.Ahern 2/1F 1.37.48
2 (1) Brindisi(GB) / D.Selvaratnam / J.Murtagh 7/1 2.1/4
3 (4) Shersha(IRE) / Kevin F.O'Donnell / P.Smullen 12/1 3.1/4

■展望 ケープヴェルディ(2/9)、展望
■結果 Clinet、ドバイ2連勝で制す
■動画 ドバイインターナショナルレーシングカーニバル4日目・動画

02/02(木) アルラシディヤ(4歳上、首G3・芝1777m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (4) Linngari(IRE) / H.Brown / R.Moore 7/1 1.51.27
2 (8) Greys Inn(USA) / M.De Kock / K.Shea 4/1 1/2
3 (1) Latino Magic(IRE) / R.Osborne / L.Dettori 14/1 1

■展望 アルラシディヤ(2/2)、展望
■結果 Linngari、3連勝での重賞初制覇
■動画 ドバイインターナショナルレーシングカーニバル3日目・動画


03/25(土) ドバイシーマクラシック(4歳上、首G1・芝2400m)
出走予定馬(2/28現在)

03/02(木) ドバイシティオブゴールド(4歳上、首G3・芝2400m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (10) Oracle West(SAF) / M.De Kock / K.Shea 6/1 2.33.89
2 (3) Alayan (IRE) / J.Oxx / M.Kinane 6/1 1.3/4
3 (6) Falstaff (IRE) / M.De Kock / W.Marwing 5/2 3/4

03/25(土) ドバイゴールデンシャヒーン(4歳上、首G1・ダート1200m)
出走予定馬(3/9現在)

01/26(木) アルシンダガースプリント(4歳上、首G3・ダート1200m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (5) Heart Alone(BRZ) / A.Cintra / M.Kinane 25/1 1.10.17
2 (6) Conroy(USA) / A.Selvaratnam / J.Murtagh 7/1 3.3/4
3 (7) Thajja(IRE) / D.Watson / R.Hills 9/1 3.1/2

■展望 アルシンダガースプリント(1/26)、展望
■結果 ブラジルのHeart Aloneが圧勝
■動画 ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2日目・動画


03/25(土) UAEダービー(3歳、首G2・ダート1800m)
出走予定馬(2/28現在)

03/02(木) アルバスタキヤ(3歳、ダート1800m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (8) Simpatico Bribon(CHI) / I.Jory / J.Murtagh 7/1 1.49.15
2 (4) Where's That Tiger(USA) / M.De Kock / W.Marwing 10/11F 6
3 (12) Unification (CAN) / I.Mohammed / L.Dettori 11/1 5.1/4

■結果 Simpatico Bribon6馬身差圧勝
■動画 スーパーサーズデイ・動画

02/10(金) UAE2000ギニー(3歳、首G3・ダート1600m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (11) Gold For Sale(ARG) / I.Jory / M.Kinane 8/1 1.37.56
2 (15) Where's That Tiger(USA) / M.De Kock / W.Marwing 5/1 1/2
3 (12) My Royal Captain(SAF) / L.Laxon / J.Murtagh 66/1 1.3/4

■展望 UAE2000ギニー(2/10)、展望
■結果 Gold For Sale、6戦無敗で戴冠
■動画 ドバイインターナショナルレーシングカーニバル5日目・動画


03/25(土) ゴドルフィンマイル(4歳上、首G2・ダート1600m)
出走予定馬(2/28現在)

03/09(木) UAEオークス(3歳牝、準重賞・ダート1800m)

02/10(金) UAE1000ギニー(3歳、首G3・ダート1600m)
着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
10 (5) Vague(USA) / J.Noseda / M.Kinane 13/8F 1.37.83
1 (7) Imperial Ice(SAF) / H.Brown / K.Shea 33/1 5.1/4
3 (10) Rock Opera(SAF) / A.Laird / T.Durcan 9/4 クビ

■展望 UAE1000ギニー(2/16)、展望
■結果 Vague、5.1/4馬身差圧勝
■動画 ドバイインターナショナルレーシングカーニバル6日目・動画

スポンサーサイト
  1. 2006/03/06(月) 00:06:51|
  2. 06年ドバイWCデイまとめ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

マクトゥームチャレンジラウンドIII(3/2)、Electrocutionist7馬身差圧勝

Electrocutionist passes Dubai World Cup test (Dubai World Cup | Press Releases)
Electrocutionist takes to dirt in prep for Dubai World Cup (Thoroughbred Times)
Electrocutionist Wins World Cup Test in Style (The Blood-Horse)
Electrocutionist Has Sparks Flying (Yahoo! Sport)
IMPRESSIVE ELECTROCUTIONIST (Godolphin)
Al Maktoum Challenge Rd 3 Review (DIRC Blog)
スーパーサーズデイ(ドバイインターナショナルレーシングカーニバル9日目)・動画

 現地時間3月2日、首・ナドアルシバ競馬場では3月25日のドバイワールドC(首G1)に向けての最重要前哨戦マクトゥームチャレンジラウンドIII(4歳上、首G2・ダート2000m)が行われた。

 ゴドルフィンデビューを飾るElectrocutionist(牡5、首・S.Bin Suroor厩舎)が人気を集め、昨年の覇者Chiquitin、マクトゥームチャレンジラウンドIIで3着したEccentric、それらに少し離れて昨年の2着馬Elmustanserが支持されていた戦前の評価だったが、レースではElectrocutionistが直線の入り口で先行したChiquitinを一瞬のうちに捕らえると、直線一気に突き抜けて7馬身差圧勝。格の違いを見せ付けた形となり、2着にChiquitin、さらに2.1/4馬身差の3着にElmustanserが入り、昨年の1、2着馬が今年は2着、3着という結果になった。勝ちタイムは2分01秒06(良)と、00年のDubai Millennium(1分59秒60)、99年のSpindnift(2分00秒53)に次ぐ好時計だった。

3/2 首・ナドアルシバ競馬場 Fast
マクトゥームチャレンジラウンドIII(4歳上、首G2・ダート2000m)

着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (8) Electrocutionist(USA) / S.Bin Suroor / L.Dettori 6/5F 2.01.06
2 (13) Chiquitin(ARG) / I.Jory / M.Kinane 11/4 7
3 (2) Elmustanser(GB) / D.Watson / R.Hills 20/1 2.1/4
4 (3) Parasol(IRE) / D.Watson / R.Mullen 7/1 3.3/4
5 (9) Ketter(BRZ) / L.Singnoretti / A.Domingos 50/1 2
6 (11) Surbiton(USA) / A.Al Raihe / R.Ffrench 66/1 2.1/4
7 (1) Hippodrome(IRE) / H.Brown / J.Bekker 66/1 5.1/2
8 (6) Mistongo(URU) / S.Seemar / K.McEvoy 66/1 1.1/2
9 (4) Jader(IRE) / S.Seemar / R.Moore 50/1 アタマ
10 (15) Eccentric(GB) / S.Seemar / J.Murtagh 9/2 4.1/2
11 (7) Attentive(IRE) / S.Seemar / T.O'Shea 100/1 6
12 (14) Bosra's Valentine(USA) / R.Bouresly / G.Hind 66/1 5.3/4
13 (12) State Shinto(USA) / R.Bouresly / W.Supple 100/1 6.1/2
14 (10) Todman Avenue(USA) / A.Al Raihe / W.Smith 100/1 4

 同レースを制したElectrocutionistは、父Red Ransom、母Elbaaha(その父アラジ)という血統で、従兄に独ダービー馬Robertico(父Robellino)がいる。04年4月にイタリアでデビューし、デビューから3連勝を飾る。G1初挑戦のジョッキークラブ大賞典(伊G1)では独ダービー馬Shiroccoのハナ差2着に惜敗したものの、カルロダレシオ賞(伊G2)6馬身差圧勝後臨んだミラノ大賞典(伊G1)でLinamix産駒Vol De Nuitとの1騎打ちを制してG1初制覇。初の海外遠征となった英インターナショナルS(英G1)では、ゼンノロブロイを破ってのG1連勝を飾っており、カナダインターナショナルS(加G1)3着後に前馬主のEarle Mack氏から所有が移り、ゴドルフィンが移籍していた。ゴドルフィンデビューとなった同レースは初ダートだったものの、それを感じさせない圧勝劇で、ドバイワールドCに向けてのテストを難なくパスして、本番でカネヒキリと激突する。

 もともと母Elbaahaはマクトゥーム4兄弟の4男シェイク・アハメッド殿下の自家生産馬でゴドルフィンとは遠からぬ縁があった同馬、ゴドルフィンとしては03年以来4度目のドバイワールドC制覇に向けて大きな手ごたえを感じた勝利だった。

 ゴドルフィン所属でドバイワールドCを制した馬たちは、全てマクトゥームチャレンジを勝利してドバイワールドCに臨んでおり、マクトゥームチャレンジ→ドバイワールドCというのはゴドルフィンにおけるいわば勝利の方程式。

 ゴドルフィン移籍後マクトゥームチャレンジを叩いてドバイワールドCを制した先例としては、03年親子制覇を達成したムーンバラッド(父Singspiel、マクトゥームチャレンジラウンドIIを6馬身差圧勝)がおり、マクトゥームチャレンジラウンドIII・ドバイワールドCと連勝したゴドルフィンの馬としては、00年のDubai Millennium、02年のStreet Cryがいる。

 ゴドルフィンの勝利の方程式に則って、本番に挑むElectrocutionistに対し、日本のカネヒキリはゼンノロブロイの借りを返すことができるのか、本番が何とも楽しみになってきた。

●関連トピックス
マクトゥームチャレンジラウンドIII(3/2)、展望
マクトゥームチャレンジラウンドII(2/9)、Jack Sullivan連覇達成
マクトゥームチャレンジラウンドI(1/19)、Blatantが9馬身差圧勝
  1. 2006/03/04(土) 19:13:40|
  2. 06年ドバイワールドカップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジュベルハッタ(3/2)、Touch Of Land快勝

Electrocutionist passes Dubai World Cup test (Dubai World Cup | Press Releases)
Electrocutionist takes to dirt in prep for Dubai World Cup (Thoroughbred Times)
VALIXIR SEVENTH (Godolphin)
Jebel Hatta Review (DIRC Blog)
スーパーサーズデイ(ドバイインターナショナルレーシングカーニバル9日目)・動画

 現地時間3月2日、首・ナドアルシバ競馬場で行われたドバイデューティーフリー(4歳上、首G1・芝1777m)の前哨戦ジュベルハッタ(4歳上、首G2・芝1777m)は、C.Lemaire騎手騎乗の4番人気タッチオブランド Touch Of Land(牡6、仏・H-A.Pantall厩舎)が、アルファヒディフォート(首G2・芝1600m)の2着馬Lord Admiralに1.1/4馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは時計がかかり、1分52秒05(良)だった。さらに1.3/4馬身差の3着に3番人気Seihaliが入り、1番人気に支持された南アフリカのTysonは5着に、ゴドルフィンデビューとなったValixirは7着、サンデーサイレンス産駒Laymanは8着にそれぞれ敗れた。なお、Hazyview、Yard-Armは出走を取り消している。

3/2 首・ナドアルシバ競馬場 Good To Firm
ジュベルハッタ(4歳上、首G2・芝1777m)

着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (3) Touch Of Land(FR) / H-A.Pantall / C.Lemaire 8/1 1.52.05
2 (10) Lord Admiral(USA) / C.O'Brien / M.Kinane 14/1 1.1/4
3 (8) Seihali(IRE) / D.Selvaratnam / J.Murtagh 7/1 1.3/4
4 (6) Boule D'Or(IRE) / J.Akehurst / N.Day 20/1 1/2
5 (1) Tyson(SAF) / M.De Kock / W.Marwing 2/1F 1.1/4
6 (5) Lundy's Liability(BRZ) / M.De Kock / K.Shea 25/1 1/2
7 (7) Valixir(IRE) / S.Bin Suroor / L.Dettori 5/2 アタマ
8 (4) Layman(USA) / I.Mohammed / K.McEvoy 10/1 3/4
9 (9) Latino Magic(IRE) / R.Osborne / W.Smith 33/1 7
10 (2) Clinet(IRE) / J.Hills / E.Ahern 10/1 3.1/4

 同レースを制したTouch Of Landは、父Lando、母Touch Of Class(その父Be My Guest)という血統。英仏独米香で重賞4勝を挙げている実力馬で、G1勝ちはないものの、04年香港C(香G1)で3着に入るなど、G1でも掲示板を常に確保している。

●関連トピックス
ジュベルハッタ(3/2)、展望
アルファヒディフォート(2/23)、Linngari重賞連勝
ケープヴェルディ(2/9)、Clinetドバイ2連勝で制す
  1. 2006/03/04(土) 18:44:42|
  2. 06年ドバイデューティーフリー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アルバスタキヤ(3/2)、Simpatico Bribon6馬身差圧勝

Electrocutionist passes Dubai World Cup test (Dubai World Cup | Press Releases)
Electrocutionist takes to dirt in prep for Dubai World Cup (Thoroughbred Times)
Al Bastakiya Review (DIRC Blog)
スーパーサーズデイ(ドバイインターナショナルレーシングカーニバル9日目)・動画

 現地時間3月2日、首・ナドアルシバ競馬場で行われたUAE3冠の2冠目アルバスタキヤ(3歳、ダート1800m)は、J.Murtagh騎手騎乗の3番人気Simpatico Bribon(牡3、サウジ・I.Jory厩舎)が、1番人気
Where's That Tiger以下を6馬身差千切り捨てる圧勝で7連勝を飾った。勝ちタイムは1分49秒15(良)という好時計。さらに5.1/4馬身差の3着に5番人気Unificationが入り、2番人気に支持されたクリテウムドサンクルー(仏G1)3着馬Flashing Numbersは6着に敗れた。

3/2 首・ナドアルシバ競馬場 Fast
アルバスタキヤ(3歳、ダート1800m)

着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (8) Simpatico Bribon(CHI) / I.Jory / J.Murtagh 7/1 1.49.15
2 (4) Where's That Tiger(USA) / M.De Kock / W.Marwing 10/11F 6
3 (12) Unification (CAN) / I.Mohammed / L.Dettori 11/1 5.1/4
4 (10) Jackson (BRZ) / A.Cintra / M.Kinane 9/1 4
5 (3) Kilworth(IRE) / I.Mohammed / K.McEvoy 16/1 1.1/4
6 (1) Flashing Numbers(USA) / M.Hofer / A.Starke 5/1 2.3/4
7 (6) Wovoka(IRE) / M.Channon / T.Durcan 66/1 14
8 (7) Nomoretaxes(BRZ) / M.De Kock / K.Shea 11/1 5

 同レースを制したSimpatico Bribonは父Election Day、母Saca La Mano(その父Savaret)という血統。チリでデビューし、G1・2勝を含む6連勝の後、サウジアラビアに移籍。今回の勝利で怒濤の7連勝となった。通算成績9戦7勝。

 UAE2000ギニー(3歳、首G3・ダート1600m)を制した同厩のGold For Saleと並んで、UAEダービー(3歳、首G2・ダート1800m)の有力候補に躍り出た。今回1番人気に支持された南アフリカのWhere's That Tigerは前回UAE2000ギニーでGold For Saleの1/2馬身差の2着、そして今回のアルバスタキヤはSimpatico Bribonの6馬身差の2着。本番のUAEダービーでも好走が期待されるが、逆転まではどうか。

●関連トピックス
UAE2000ギニー(2/10)、Gold For Sale無敗で戴冠
  1. 2006/03/04(土) 18:04:17|
  2. 06年UAEダービー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジュベルハッタ(3/2)、展望

De Kock fields strong ‘Super Thursday’ team (Dubai World Cup | Press Releases)
Maktoum Challenge Round III highlights Super Thursday at Nad al Sheba (Thoroughbred Times)
DETTORI'S ELECTROCUTIONIST HOPES (Sporting Life)
FIRST GODOLPHIN START FOR VALIXIR (Godolphin)
JEBEL HATTA Results: Historical (DIRC Blog)

 現地時間3月2日、首・ナドアルシバ競馬場では3月25日のドバイデューティーフリー(4歳上、首G1・芝1777m)に向けての前哨戦ジュベルハッタ(4歳上、首G2・芝1777m)が行われる。Hazyview、Yard-Armは出走を取り消している。

3/2 首・ナドアルシバ競馬場
ジュベルハッタ(4歳上、首G2・芝1777m)

馬番 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手
1 (7) Valixir(IRE) / S.Bin Suroor / L.Dettori
2 (10) Hazyview(GB) / A.Laird / Non Runner
3 (9) Latino Magic(IRE) / R.Osborne / W.Smith
4 (4) Layman(USA) / I.Mohammed / K.McEvoy
5 (5) Lundy's Liability(BRZ) / M.De Kock / K.Shea
6 (8) Seihali(IRE) / D.Selvaratnam / J.Murtagh
7 (3) Touch Of Land(FR) / H-A.Pantall / C.Lemaire
8 (1) Tyson(SAF) / M.De Kock / W.Marwing
9 (6) Yard-Arm(SAF) / A.Laird / Non Runner
10 (2) Clinet(IRE) / J.Hills / E.Ahern
Reserves:
R11 Lord Admiral(USA) / C.O'Brien
R12 Hattan(IRE) / C.Brittain
R13 Boule D'Or(IRE) / J.Akehurst
R14 Sabirli(TUR) / C.Kurt

 ジュベルハッタには、スーパーサーズデイ屈指の好メンバーが揃った。現在のところ1番人気に支持されているのが、南アフリカのTyson。南アフリカではサマーC(南アG1)勝ちがあり、絶大な支持を得ているM.De Kock厩舎のTysonは、ドバイでもコマーシャルバンクオブドバイC(4歳上、芝2000m)、DNRDトロフィー(4歳上、芝1700m)と2連勝を飾っており、勢いに乗っている。一度調子を崩すと惨敗してしまうが、波に乗ると勢いを重ねて連勝街道をひた走る傾向があるため、強豪が揃ったここでもその勢いのままに連勝する公算は高い。

 同厩のLundy's Liabilityは、ダートのマクトゥームチャレンジラウンドIII(4歳上、首G2・ダート2000m)ではなく、芝の同レースに出走する予定。

 一方、イスパーン賞(仏G1)、クイーンアンS(英G1)とG1・2勝を挙げているValixirが同レースでゴドルフィンデビューを飾る予定で、同じくゴドルフィンからはサンデーサイレンス産駒のLaymanも出走する。

 また、ドバイ2連勝でケープヴェルディ(4歳上牝、準重賞・芝1600m)を制したClinet、前走DNRDトロフィー(4歳上、芝1700m)で唯一Tysonに食らいついた(2着、3着以下に4.3/4馬身差)地元のSeihali、チェスターヴァーズ(英G3)を制したHattan、前走DNRDカップ(4歳上、芝1600m)でドバイ初勝利を挙げたトルコのマイルG1・2勝馬Sabirliも名を連ねている。

●関連トピックス
ケープヴェルディ(2/9)、Clinetドバイ2連勝で制す
  1. 2006/03/03(金) 01:06:19|
  2. 06年ドバイデューティーフリー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マクトゥームチャレンジラウンドIII(3/2)、展望

De Kock fields strong ‘Super Thursday’ team (Dubai World Cup | Press Releases)
Maktoum Challenge Round III highlights Super Thursday at Nad al Sheba (Thoroughbred Times)
DETTORI'S ELECTROCUTIONIST HOPES (Sporting Life)
ELECTROCUTIONIST SET FOR GODOLPHIN BOW (Sporting Life)
ELECTROCUTIONIST DIRT DEBUT (Godolphin)
A look at the Al Maktoum Challenge (DIRC Blog)
MAKTOUM CHALLENGE Round III Results: Historical (DIRC Blog)

 現地時間3月2日、首・ナドアルシバ競馬場では3月25日のドバイワールドC(首G1)に向けての最重要前哨戦マクトゥームチャレンジラウンドIII(4歳上、首G2・ダート2000m)が行われる。

3/2 首・ナドアルシバ競馬場
マクトゥームチャレンジラウンドIII(4歳上、首G2・ダート2000m)

馬番 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手
1 (7) Attentive(IRE) / S.Seemar / T.O'Shea
2 (14) Bosra's Valentine(USA) / R.Bouresly / G.Hind
3 (5) Change The Grange(AUS) / M.Tam / T.Durcan
4 (13) Chiquitin(ARG) / I.Jory / M.Kinane
5 (15) Eccentric(GB) / S.Seemar / J.Murtagh
6 (8) Electrocutionist(USA) / S.Bin Suroor / L.Dettori
7 (2) Elmustanser(GB) / D.Watson / R.Hills
8 (1) Hippodrome(IRE) / H.Brown / J.Bekker
9 (4) Jader(IRE) / S.Seemar / R.Moore
10 (9) Ketter(BRZ) / L.Singnoretti / A.Domingos
11 (6) Mistongo(URU) / S.Seemar / K.McEvoy
12 (3) Parasol(IRE) / D.Watson / R.Mullen
13 (12) State Shinto(USA) / R.Bouresly / W.Supple
14 (11) Surbiton(USA) / A.Al Raihe / R.Ffrench
15 (10) Todman Avenue(USA) / A.Al Raihe / W.Smith

 本番のドバイワールドCと同舞台・同距離で行われる同レース、注目は何といってもゴドルフィンデビューを飾るElectrocutionistがドバイのダートでどんな走りを見せてくれるかだろう。英インターナショナルS(英G1)で日本から遠征したゼンノロブロイを破ったことで、日本でも馴染みが深く、そして強さを知られているElectrocutionist。大種牡馬ながらダートで実績のないRed Ransom産駒という血統、ダート初戦という点から、全くの未知数ながらも、ゴドルフィンのElectrocutionistに寄せる期待は大きい。同馬の出走を嫌ってか、メンバーがやや手薄といえるだけに、ここは負けられない1戦。少なくとも次に期待が持てる内容でなければいけない。逆に、ここを圧勝するようなら、やや手薄なアメリカ勢に代わり、本番でカネヒキリの強敵となるだろう。

 Electrocutionistに対抗する勢力としては、昨年の覇者Chiquitinに2着馬Elmustanser、マクトゥームチャレンジラウンドIIで3着したEccentricらが挙げられれるが、Chiquitinは前走マクトゥームチャレンジラウンドIIで4着敗退、Elmustanserは06年ドバイで2走して6着、5着。Electrocutionistに比べると役不足の感は否めない。

●関連トピックス
マクトゥームチャレンジラウンドII(2/9)、Jack Sullivan連覇達成
マクトゥームチャレンジラウンドI(1/19)、Blatantが9馬身差圧勝
  1. 2006/03/02(木) 23:48:53|
  2. 06年ドバイワールドカップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドバイワールドC出走予定馬(3/14)

World's best preparing for Dubai (Dubai World Cup | Press Releases)
Magna Graduate zips through workout (DIRC Blog)
Working out: Americans flex muscles (DIRC Blog)
Grey Swallow out of Dubai World Cup (DIRC Blog)

●ドバイワールドC出走予定馬
(3/14現在、出走するであろうと思われる馬)

3/25 ドバイワールドC(4歳上、首G1・ダート2000m)

カネヒキリ(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)
主な戦績:フェブラリーS(G1)、ジャパンCダート(G1)

スターキングマン(牡7、栗東・森秀行厩舎)
主な戦績:東京大賞典(交流G1)、日本テレビ盃(交流G2)

Electrocutionist(牡5、首・S.Bin Suroor厩舎)
主な戦績:英インターナショナルS(英G1)、ミラノ大賞典(伊G1)
     マクトゥームチャレンジラウンドIII(首G2・ダート2000m)

Brass Hat(牡5、米・W.Bradley厩舎)
主な戦績:ドンH(米G1)、ニューオリンズH(米G2)

Wilko(牡4、米・C.Dollase厩舎)
主な戦績:BCジュヴェナイル(米G1)、ヴィンテージS(英G2)

Magna Graduate(牡4、米・T.Pletcher厩舎)
主な戦績:ドンH(米G1)・4着、クラークH(米G2)

Super Frolic(牡6、米・V.Cerin厩舎)
主な戦績:BCクラシック(米G1)・4着、ホーソンゴールドC(米G2)

Grey Swallow(牡5、愛・D.Weld厩舎)
主な戦績:愛ダービー(愛G1)、タタソールズゴールドC(愛G1)
※回避決定

David Junior(牡4、英・B.Meehan厩舎)
主な戦績:英チャンピオンS(英G1)

Maraahel(牡5、英・Sir M.Stoute厩舎)
主な戦績:香港C(香G1)・3着、英チャンピオンS(英G1)・3着
  1. 2006/03/01(水) 02:07:34|
  2. 06年ドバイワールドカップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドバイデューティーフリー出走予定馬(3/9)

World's best preparing for Dubai (Dubai World Cup | Press Releases)
Freedman's Promise for Asian Mile Challenge (DIRC Blog)
Win a Carnival merchandise pack (DIRC Blog)
Badge of Silver sidelined by quarter crack (DIRC Blog)
Lad of the Manor awaits Australian Cup result (DIRC Blog)
Hong Kong duo prepare for Duty Free (DIRC Blog)

●ドバイデューティーフリー出走予定馬
(3/9現在、出走するであろうと思われる馬)

3/25 ドバイデューティーフリー(4歳上、首G1・芝1777m)

ハットトリック(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)
主な戦績:マイルCS(G1)、香港マイル(香G1)

アサクサデンエン(牡7、美浦・河野道文厩舎)
主な戦績:安田記念(G1)

The Tin Man(セン8、米・R.Mandella厩舎)
主な戦績:BCターフ(米G1)・4着、サンマルコスS(米G2)

Host(牡6、米・T.Pletcher厩舎)
主な戦績:シャドウェルターフマイル(米G1)、ニッカボッカH(米G2)

Whilly(牡5、米・D.O'Neill厩舎)
主な戦績:ドバイデューティーフリー(首G1)・2着、アメリカンH(米G2)

Badge of Silver(牡6、米・R.Frankel厩舎)
主な戦績:サンガブリエルH(米G2)、ニューオリンズH(米G2)
※脚部不安で回避決定

Lad Of The Manor(セン6、豪・R.Hoysted厩舎)
主な戦績:マッキノンS(豪G1)
※3/11のオーストラリアンC(豪G1)の結果次第

Perfect Promise(牝7、豪・L.Freedman厩舎)
主な戦績:ケープフィリーズギニー(南アG1)、オーアS(豪G1)
※Irridescenceの全姉

Irridescence(牝4、南ア・M.De Kock厩舎)
主な戦績:SAフィリーズクラシック(南アG1)、ウーラヴィントンS(南アG1)
      バランシーン(準重賞・芝1777m)
※Perfect Promiseの全妹

Tyson(セン5、南ア・M.De Kock厩舎)
主な戦績:サマーC(南アG1)

Linngari(牡4、南ア・H.Brown厩舎)
主な戦績:アルラシディヤ(首G3・芝1777m)、アルファヒディフォート(首G2・芝1600m)

Bullish Luck(セン7、香・T.Cruz厩舎)
主な戦績:チャンピオンズマイル(香G1)、スチュワーズC(香G1)

Russian Pearl(セン5、香・T.Cruz厩舎)
主な戦績:スチュワーズC(香G1)
  1. 2006/03/01(水) 02:02:19|
  2. 06年ドバイデューティーフリー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドバイシーマクラシック出走予定馬(2/28)

World’s best preparing for Dubai (Dubai World Cup | Press Releases)

●ドバイシーマクラシック出走予定馬
(2/28現在、出走するであろうと思われる馬)

3/25 ドバイシーマクラシック(4歳上、首G1・芝2400m)

ハーツクライ(牡5、栗東・橋口弘次郎厩舎)
主な戦績:有馬記念(G1)

Ouija Board(牝5、英・E.Dunlop厩舎)
主な戦績:英・愛オークス(英・愛G1)、BCフィリー&メアターフ(米G1)
※Kieren Fallon騎手騎乗予定

Alexander Goldrun(牝5、愛・J.Bolger厩舎)
主な戦績:香港C(香G1)、プリティーポリーS(愛G1)

Collier Hill(セン8、英・G.Swinbank厩舎)
主な戦績:愛セントレジャー(愛G1)

Bandari(牡7、英・M.Johnston厩舎)
主な戦績:アラルポカル(独G1)・2着、ハードウィックS(英G2)

Norse Dancer(牡6、英・D.Elsworth厩舎)
主な戦績:キングジョージ(英G1)・2着、愛チャンピオンS(愛G1)・2着

Relaxed Gesture(牡5、米・C.Clement厩舎)
主な戦績:カナダインターナショナルS(加G1)
  1. 2006/03/01(水) 01:32:42|
  2. 06年ドバイシーマクラシック|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドバイゴールデンシャヒーン出走予定馬(3/9)

World's best preparing for Dubai (Dubai World Cup | Press Releases)
O'Neill's wish for Thor’s Echo comes true (DIRC Blog)
Ready Makes Four (DIRC Blog)
Badge of Silver sidelined by quarter crack (DIRC Blog)
Baffert has to shelve ski plans till 2007 (DIRC Blog)

●ドバイゴールデンシャヒーン出走予定馬
(3/9現在、出走するであろうと思われる馬)

3/25 ドバイゴールデンシャヒーン(4歳上、首G1・ダート1200m)

アグネスジェダイ(牡4、栗東・森秀行厩舎)
主な戦績:東京盃(交流G2)、サマーチャンピオン(交流G3)
※吉原寛人(金沢競馬所属)騎手騎乗

Proud Tower Too(牡4、米・S.Gonzalez厩舎)
主な戦績:マリブS(米G1)

Captain Squire(セン7、米・J.Mullins厩舎)
主な戦績:エイシェントタイトルBCH(米G1)

Major Success(牡5、米・R.Frankel厩舎)
主な戦績:ペイロスヴァーデスH(米G2)
※同厩のBadge of Silverと同じくドバイ回避が決定

Da Stoops(牡3、米・B.Baffert厩舎)
※ボールドウィンS(G3)での敗戦で一気にトーンダウン。
 来年こそはドバイに連れて行くと釈明。

Thor's Echo(セン4、米・D.O'Neill厩舎)
主な戦績:マリブS(米G1)・3着

Bordonaro(セン5、米・B.Spawr厩舎)
主な戦績:アンダーウッドS(米G3)

Jet West(牡5、米・T.West厩舎)
主な戦績:ペイロスヴァーデスH(米G2)・2着
※Kent Desormeaux騎手騎乗予定

Perfectly Ready(牡3、豪・ M.Price厩舎)
※Ted Durcan騎手騎乗予定
  1. 2006/03/01(水) 01:20:38|
  2. 06年ドバイゴールデンS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

くろうま

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。