Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Balidaress系出身の良血Great Britain、デビュー戦を勝利で飾る

 現地時間26日、英・ニューキャッスル競馬場で行われたメイドン(3歳上未勝利・芝7f)で、J.Spencer騎手騎乗の1番人気グレートブリテン Great Britain(牡3、英・S.Bin Suroor厩舎)が2着以下に3馬身差をつける圧勝で初勝利を飾った。勝ちタイムは1分26秒44(良)。

 Great Britainは父Green Desert、母がチェヴァリーパークS(英G1)を制したPark Appeal(その父Ahonoora)という血統で、全兄にはロッキンジS(英G1)の勝ち馬で現在は種牡馬として活躍しているCape Cross、そして半兄には昨今話題の・・・Samood(父Caerleon)がいる良血馬。叔母に英オークス馬Alydaress、従姉妹に名牝Russian Rhythm、甥にはG1・2勝を挙げ安田記念(G1)でも2着したDiktatがいる名牝系Balidaress系の出身である。

 遅れてきた大物の出現に喜びを隠せない私である。・・・私事ながら、当方05年のゴドルフィンセブンスターズでこの馬を選んでいたりする。

●関連トピックス
ゴドルフィンの強さの秘密に迫る その2 ~ゴドルフィンとBalidaress系~

●関連サイト
Great Britain (godolphin)
スポンサーサイト
  1. 2005/08/28(日) 21:42:39|
  2. 05年度セブンスターズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Shamardal、仏2000ギニーに

SHAMARDAL HEADING FOR FRENCH GUINEAS (Sporting Life)
PROVISIONAL RUNNING PLANS (Godolphin)

 UAEダービー(首G3)で敗れて以来、散々に言われているShamardalですが、15日のプールデッセデプーラン(仏2000ギニー、3歳牡、仏G1・芝1600m)を目指すようです。ここなら勝てるとでも思ったんでしょうか。

 向こう脛の炎症も治って、今は通常通りの調教をこなしているようです。

 04年は欧州最優秀2歳牡馬に輝き、米3冠路線に挑戦とまで言われていた期待馬なんですが・・・。UAEダービーの敗戦で、各メディアからボロクソに言われ・・・。

 今回も出だしからして、「Dubai disappointment Shamardal・・・」ですよ。なんか恨みでもあるんでしょうか^^;

 馬に罪はないのに・・・。セブンスターズで選択した人は地雷だったとか言ってますけど、シーズンはまだはじまったばかりですからね。かわいそうなShamardalくん・・・、がんばれよ~。

 ゴドルフィンのページには、Shamardalの他にもSundrop、Belenusなどの今後の予定もありますので、セブンスターズからみの方はチェックを。BelenusはDubawiと一緒に愛2000ギニー(愛G1)みたいです。
  1. 2005/05/04(水) 02:19:44|
  2. 05年度セブンスターズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ゴドルフィン所属馬の今後の日程

SUEZ PLEASES AT NAD AL SHEBA (Godolphin)

 4月21日、21時修正。5月1日に英・ニューマーケット競馬場で行われる英1000ギニー(英G1・芝8f)に、UAE1000ギニー、UAEオークスを制したSatin Kissが出走する模様。

 Fen Shuiも出走するようだが、Suezは故障が発生したため同レースを回避する。Fen Shuiは、母がネルグウィンS(英G3)の勝ち馬で、半兄にはドバイゴールデンシャヒーン(首G1)の3着馬Conroy(父Gone West)がいるティンバーカントリー産駒。

 キングジョージ(英G1)で圧倒的なパフォーマンスを見せたDoyenは、5月22日に愛・カラ競馬場で行われるタタソールズゴールドC(愛G1)から始動する予定。04年のゴールドC(英G1)でイングランディーレを破ったPapineauは、5月13日に英・ヨーク競馬場で行われるヨークシャーC(英G2)から始動。

 日本産サンデーサイレンス産駒で、04年の英1000ギニー(英G1)で2着に惜敗したSundropは、5月12日に英・ヨーク競馬場で行われるミドルトンS(英G3)に、Byronは11日に同じくヨーク競馬場で行われるデュークオブヨークS(英G2)に出走する予定。
  1. 2005/04/20(水) 22:16:17|
  2. 05年度セブンスターズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ゴドルフィンセブンスターズ2005、合言葉は「Take it easy」

ゴドルフィンセブンスターズ2005

 そろそろ期限がせまってきたので、ゴドルフィンセブンスターズ2005にやっとエントリーしてきました。締め切りは25日ですので、まだの方はお早めに。選択した馬は以下の通り。

●Dubai Millennium Barn 
Dubawi(IRE) 何ていうか、殿下の愛に負けた。

●Fantastic Light Barn 
Bull Run(IRE) こういう未完の大器系の馬に弱いんです。

●Balanchine Barn 
Razkalla(USA) 堅実そうだから、とりあえずここは堅くいこうかと。

●Daylami Barn 
Dubai Escape(USA) 惚れたよ。

●Lammtarra Barn 
Satin Kiss(USA) がんばってね、応援してるよ。

●Street Cry Barn 
Great Britain(GB) 愛するBalidaress系。

●Tempera Barn 
Mollook(USA) Change Water系の魅力にほだされてコロリと。


 全体的に、やっぱりドバイインターナショナルレーシングカーニバル2005に出走してたり、身近に感じられる馬を選びました。なんとなく、記念に。

 それでは来年はドバイで会いましょう。
  1. 2005/03/23(水) 00:00:24|
  2. 05年度セブンスターズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2005・10日目の他のレース結果

 UAEオークスが行われたドバイインターナショナルレーシングカーニバル2005の10日目では、S.Bin Suroor調教師、L.Dettori騎手のゴドルフィンコンビがUAEオークスを含む4勝をマーク。まず、5日のアザルS(3歳、ダート1400m)で2着だったDubai Wings(牡3、父Fusaichi Pegasus)が、同条件のクラシックコールフィールドC(3歳、ダート1400m)を快勝。

 Dubai WingsはセブンスターズStreet Cry Barn選択馬で、伯母にディスタフH(米G2)など重賞2勝のChannel Three。通算成績3戦1勝、2着1回。

 けっこう骨っぽいメンバーが集まったコールフィールドCカーニバルH(4歳上、芝1600m)では、Desert Destiny(セン5、父Desert Prince)が久々の勝利。

 Desert DestinyはセブンスターズFantastic Light Barnの選択馬で、03年仏2000ギニー(仏G1)で5着した実績馬。その後クリテリオンS(英G3)で2着などがあり、ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2005では2戦して8、9着と不振だったものの、3戦目で勝利。半姉にサンチャリオットS(英G2)を制したLady In Waiting(父Kylian)、半兄にリュテス賞(仏G3)を制したSavannah Bay(父In The Wings)がいる。

 メルボルンレーシングクラブメンバーシップH(4歳上、芝1600m)では、亜G1馬で04年UAE2000ギニー(首G3)でJack Sullivanを破ったLittle Jimが出走し5着に敗退。同レースを制したMajors Castはドバイ緒戦は6着に敗れたものの、その後3連勝。

 ドバイシーマクラシック(首G1)の前哨戦クラウンプロムナードホテルT(4歳上、芝2400m)では、Razkalla(セン7、父Caerleon)が優勝。同条件の前走で2着しており、順当な勝利。

 RazkallaはセブンスターズBalanchine Barn選択馬で、04年ドバイシーマクラシックでPolish Summerの4着。その前哨戦のドバイシティオブゴールド(首G3)でも4着と芝2400mではとにかく堅実に走る。今年のドバイシーマクラシックでもいい勝負をすると思うが、ポイントになる3着以内に入るかと言われれば微妙。
  1. 2005/03/11(金) 19:04:18|
  2. 05年度セブンスターズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

セブンスターズ2005、Dubai Millennium Barn考察

 Dubai Millennium Barnはゴドルフィンの看板馬たちが並ぶカテゴリー。7つあるカテゴリーのうち、最も重要なカテゴリーとなることは間違いない。一番ポイントに差がつくところだろうから。

 ここで重要なのは、それぞれ名前が知られた馬が揃っているわけだけど、どの路線で走る馬なのかということ。いくら強い馬であっても、同じ路線でもっと強い馬がいては勝てないし、出走回数が多い路線もあれば、超重要なレースを数回という路線(ケンタッキダービー組など)もある。

 そういった意味でBalletoは敬遠したい。北米で走っている3歳牝馬だけど、北米の3歳牝馬路線では、Sweet Catomineにおいしいところをほとんど持っていかれるだろうから。Sweet Catomineがケンタッキーダービーに行くとしても、ケンタッキーオークス(米G1)はどちらかがとるかもしれないが、その後の3歳牝馬路線では太刀打ちできないだろう。ただ、Sweet Catomineが脚部不安で戦線離脱するかもしれないし、Balletoが成長してSweet Catomineより強くなるかもしれない。可能性の問題であって、確実に・・・というわけではないところが難しいところ。

 同じ意味でShamardalも少し微妙だなあと思う。UAEダービーから米3冠参戦が予定されているけど、ゴドルフィンはケンタッキーダービーなど北米3冠とは相性が悪いし、仮にどれか勝ったとしても北米3冠全てで好成績を残せる可能性はかなり低い。ただ、強いとは思うし、好きだから応援はしてる。

 あとはドバイワールドCデイなどボーナスレースに出走しそうな馬を選びたい。特に積極的に遠征していきそうな馬。そういう意味ではDubawiはやはり選ぶべきなのかもしれない。英ダービー(英G1)、愛ダービー(愛G1)、キングジョージ(英G1)など順調にいけばボーナスレースで荒稼ぎしてくれるかもしれない。

 マクトゥームチャレンジラウンドIIIで負けたために、芝路線に固定されるであろうCherry Mixは、欧州芝中距離路線で堅実に稼いでくれそうな感はある。

 日本産馬Sundropは、危険すぎる印象。本気で選ぶのならやめておいたほうがいいかも。

 結論。選ぶとすれば、DoyenDubawi、かなあ・・・。当たり前だけど、難しい。最後は好みの問題か。
  1. 2005/03/10(木) 19:31:14|
  2. 05年度セブンスターズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スーパーサタデー、セブンスターズ選択馬出走結果

 ロロピアーナT(3歳牝、ダート1600m)では、Madcap Escapade(父ヘネシー、アシュランドS-米G1)の半妹ドバイエスケープ Dubai Escapade(牝3、父Awesome Again)が、1番人気に応えて2着以下に5.1/4馬身差をつけて圧勝! 勝ちタイムは1分38秒46(良)。Woodbury Lane(牝3、父Wild Wonder)は3着、World Music(牝3、父Dixieland Band)は5着に敗れました。

 Dubai Escapadeはなかなかに楽しめる一頭かもしれないです。少なくとも、私はけっこう好みですね、こういう馬は。

 アザルS(3歳、ダート1400m)ではDubai Wingsが2着、Zalaalが5着という結果に終わりました。

 ラウンドIIIなどについては、またやります。出かけてきます。
  1. 2005/03/06(日) 13:15:50|
  2. 05年度セブンスターズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴドルフィンセブンスターズTempera Barn選択馬の血統解説

 Tempera Barnは04年未出走の3歳馬のカテゴリー。まだ走ったことがない馬がほとんどということで、一番POGらしいといえばPOGらしい。馬体の写真があればいいんだけどなあ。とりあえず各馬の血統を載せておきましたので、選ぶ際の参考にしてください。セブンスターズの中でも馬名の知名度がないので、一番判断に迷うところではないかと思って一番先にやりましたが、正直疲れました。やっと全部終わりました。気が狂いそうになりました。

 良血度と個人的萌え度を5段階評価してみました。ここの部分は気にしなくていいですw良血だからといって走るわけではないのは競馬の常ですが、良血だと期待が膨らむのもまた事実。良血度に関しては、一般的基準よりすごく厳しめです。普通にやったら全部★5つですから・・・。

ゴドルフィンセブンスターズ2005選択馬一覧

Mille 牡3 英国産 良血度★★★★★ 個人的萌え度 ★★★★★
 父Dubai Millennium、母Cloelia(その父Lyphard)という血統。半兄にPassinetti(父Slew O' Gold、サンファンカピストラーノ招待H-米G1)がいる、名牝系Royal Statute系の出身。Royal Statute系の活躍馬としては、ヘクタープロテクター、Bosra Sham、シャンハイ(この3頭はMilleの従兄弟にあたる)、ラムタラ(少し遠くなる)など。

Moktabes 牡3 米国産 良血度★★★★ 個人的萌え度 ★★★★
 父Machiavellian、母Cinnamon Sugar(その父Wild Again)という血統。母Cinnamon Sugarは、ロングルックH(米G2)勝ちがあり、マザーグースS(米G1)でも2着がある実績馬。従姉妹にAllspice(父コロナドズクエスト、シクスティセイルズH-米G3)が、近親(祖母Sugar and Spiceの半兄)に種牡馬Alydarがいる。

Mollook 牡3 米国産 良血度★★★★★ 個人的萌え度 ★★★★★
 父Seeking The Gold、母Sheroog(その父Shareef Dancer)という血統で、半兄にはギヨームドルナーノ賞(仏G2)など重賞3勝を挙げたKabool(父グルームダンサー)がいる。牝系は名牝系Change Water系。祖母Fall AspenはメイトロンS(米G1)を制した名牝で、Dubai Millennium(Mollookの従兄弟にあたる)の母Colorado Dancer(ポモーヌ賞-仏G2)、種牡馬ティンバーカントリー(Mollookの叔父にあたる)などを産んでいる。近親にツルマルツヨシ(父シンボリルドルフ、京都大賞典-G2)。

Montadher 牡3 米国産 良血度★★ 個人的萌え度 ★★
 父Dixieland Band、母Boom Town Girl(その父Unbridled)という血統。母Boom Town GirlはモンマスBCオークス(米G2)で2着、ドッグウッドS(米G3)で3着の実績がある。

Mostaqeem 牡3 米国産 良血度★★ 個人的萌え度 ★★
 父がSeeking The Gold、母がヴァイオレットH(米G3)を制したHeaven's Command(その父Priolo)という血統。祖母Heavenly Musicの半兄にMiswaki Tern(父Miswaki、リボー賞-伊G2)、半弟にEl Angelo(父El Gran Senor、アメリカンH-米G2)。

Muscari 牝3 英国産 良血度★★★★ 個人的萌え度 ★★★★
 父Indian Ridge、母Desert Serenade(その父Green Desert)という血統。伯父にBCスプリント(米G1)などG1・3勝を挙げ、91年欧州最優秀スプリンターに輝いたSheikh Albadouが、近親にロウザーS(英G2)など重賞4勝を挙げ、英1000ギニー(英G1)でも2着のNicheがいる。

Mutaaheb 牡3 愛国産 良血度★★ 個人的萌え度 ★★
 父King's Best、母Just Ice(その父Polar Falcon)という血統で、半兄にセーネワーズ賞(仏G3)3着のJezebel(父Owington)がいる。

Nationhood 牡3 米国産 良血度★★★★★ 個人的萌え度 ★★★★★
 父Cherokee Run、母Elhasna(その父Danzig)という血統で、半姉にムシドラS(英G3)で3着したIrtahal(父Swain)がいて、伯父にナンソープS(英G1)、スプリントS(英G1)、アベイユドロンシャン賞(仏G1)とスプリントG1を3連勝し90年の英年度代表馬に輝いたDayjur、自身未出走ながらHeritage of Gold(アップルブラッサムH-米G1、ゴーフォーワンドH-米G1)を輩出した種牡馬Gold Legend、伯母にアラバマS(米G1)を制し日本に輸入された繁殖牝馬メイプルジンスキーがいる。祖母Gold Beautyは82年米最優秀短距離馬に輝いている。

Notable Tiger 牡3 米国産 良血度★ 個人的萌え度 ★
 父Tiger Ridge、母Notable Girl(その父What A Pleasure)という血統。セール取引馬で馬体がいいものと思われる。

November Birthday 牡3 英国産 良血度★★★★ 個人的萌え度 ★★★★
 父がDubai Millennium、母がアラバマS(米G1)、テストS(米G1)とG1・2勝を挙げたNovember Snow(その父Storm Cat)という血統で、半兄にソレントS(米G2)2着のNovember Slew(父Seattle Slew)がいる。従兄弟にはダービー卿チャレンジT(G3)を制したグラスワールド、叔父にScatmandu(スポートペイジH-米G3)がいる。

Orientalist 牡3 米国産 良血度★★★ 個人的萌え度 ★★★★
 父がFusaichi Pegasus、母がロングアイランドH(米G2)、プレスティジS(英G3)と重賞2勝を挙げたMidnight Line(その父Kris S.)という血統で、近親にはImperial Beauty(アベイユドロンシャン賞-仏G1)がおり、祖母Midnight AirはメイヒルS(英G3)の勝ち馬。

Powder Blue 牝3 英国産 良血度★★★★ 個人的萌え度 ★★★★★
 父がDaylami、母がチェヴァリーパークS(英G1)を制したBlue Duster(その父Danzig)という血統で、伯父にミドルパークS(英G1)の勝ち馬で京王杯スプリングC(G2)で2着したZieten(父Danzig)がいる。

Regal Silk 牡3 英国産 良血度★★★★★ 個人的萌え度 ★★★★★
 父がDubai Millennium、母がReve d'Oscar(その父Highest Honor)という血統。母Reve d'Oscarはサンタラリ賞(仏G1)を制しており、ヴェルメイユ賞(仏G1)、オペラ賞(仏G1)、ジョッキークラブ大賞典(伊G1)と3連続2着したあとにジャパンC(G1)に参戦しテイエムオペラオーの7着した名牝で、Regal Silkはその初仔。

Remember Love 牝3 米国産 良血度★★★★ 個人的萌え度 ★★★
 父A.P.Indy、母First Night(その父Sadler's Wells)という血統。伯母に英オークス(英G1)、愛ダービー(愛G1)を制したBalanchine(父Storm Bird)、Red Slippers(父Nureyev、サンチャリオットS-英G2)、伯父にRomanov(父Nureyev、ジョッキークラブS-英G2)がいる。

River Street 牝3 英国産 良血度★★★★★ 個人的萌え度 ★★★★★
 父がMachiavellian、母が愛オークス(愛G1)を制したHelen Street(その父Troy)という血統。全兄にドバイワールドC(首G1)を制したStreet Cryが、甥にデューハーストS(英G1)を制したShamardal(父Giant's Causeway)、Graikos(コンデ賞-仏G3)が、姪にMagna Graecia(バルブヴィル賞-仏G3)がいる。

Rose Rush 牡3 日本産 良血度★★★★ 個人的萌え度 ★★★★
 父がKing's Best、母がスプリントC(英G1)、モーリスドギース賞(仏G1)を制したチェロキーローズ(その父ダンシングブレーヴ)という血統で、白老ファームの生産馬。半姉にはフォンテンブロー賞(仏G3)を制し、仏2000ギニー(仏G1)で3着したBowman(父Irish River)が、近親にはMolesnes(カドラン賞-仏G1)がいる。

Saalb 牡3 米国産 良血度★★★ 個人的萌え度 ★
 父Unbridled、母Majestic Legend(その父His Majesty)という血統。叔父に重賞3勝を挙げており、BCスプリント(米G1)で2着したMr Greeley(父Gone West)がいる。05年2月24日のデビュー戦では3着となっている。

Samurai Way 牡3 英国産 良血度★★★★ 個人的萌え度 ★★★★★
 父がDarshaan、母がロワイヨモン賞(仏G3)の勝ち馬Truly Special(その父Caerleon)という血統で、全兄にTruly a Dream(E.P.テイラーS-米G2、ロワイヨモン賞-仏G3)、半兄にWareed(父Sadler's Wells、ユベールドショードネイ賞-仏G2、ヴィコムテスヴィジェール賞-仏G2)。祖母Arctique Royaleは愛1000ギニー(愛G1)の勝ち馬で、Modhish(ドーヴィル大賞典-仏G2)、Russian Snows(ロワイヤリュー賞-仏G2)、そしてTruly Specialを産んでいる名牝で、Bell Bird系(Samurai Wayの4代母)の出身。Bell Bird系の出身としては、ご存知マジックナイト(ヴェルメイユ賞-仏G1、ジャパンC-G1・2着)、マグナーテン(毎日王冠-G2)、81年、82年とアスコットゴールドC(英G1)連覇のArdrossなど。

Sea Gift 牝3 米国産 良血度★★★ 個人的萌え度 ★★
 父がA.P.Indy、母がベイメドウズBCダービー(米G3)を制したOcean Queen(その父Zilzal)という血統で、叔母にブエナヴィスタH(米G2)など重賞2勝を挙げたDance Parade(父Gone West)がいる。

Tawaazun 牡3 米国産 良血度★★★★ 個人的萌え度 ★★★★
 父El Prado、母Just Cause(その父Law Society)という血統で、半姉にはフューチュリティーS(愛G3)を制しフィリーズマイル(英G1)でも2着したJural(父Kris)、半兄にはWith Reason(父Nashwan、ハンガーフォードS-英G3、シュプリームS-英G3)がいる。祖母tootensはサンタラリ賞(仏G1)の勝ち馬で、祖母の半姉には英1000ギニー(英G1)を制したNocturnal Spreeがいる。

Thai Lilac 牝3 米国産 良血度★★ 個人的萌え度 ★★
 父Tale of the Cat、母Toes Knows(その父Cormorant)という血統で、母Toes KnowsはアンアランデルH(米G3)の勝ち馬。半兄にJRA現3勝のクラフティスズカ(父Crafty Prospector)、新馬戦、500万下と連勝したザプラウデスト(父Gulch)がいる。

Theatre School 牝3 愛国産 良血度★★★★ 個人的萌え度 ★★★★
 父Sadler's Wells、母Janaat(その父Kris)という血統で、半兄に5連勝で伊グランクリテリウムを8馬身差圧勝したLend A Hand(父Great Commotion、モーリスドゲスト賞-仏G1・2着)がおり、伯母にThird Watch(リプルスデイルS-英G2)、叔父にRichard of York(サンロマン賞-仏G3)がいる。

Timsaah 牡3 米国産 良血度★★★ 個人的萌え度 ★★★
 父Rubiano、母Magari(その父Quack)という血統で、全姉にシルヴァービューレットデイS(米G3)で3着したBeloved by All、半姉にレイルバードS(米G2)を制したAfto(父Relaunch)がいるほか、近親(いずれも祖母Whitsettの兄弟)に75年のベルモントS(米G1)の覇者Avatar、仏ダービー(仏G1)馬Hours After、種牡馬Komaiteがいる。

Torch Dance 牡3 米国産 良血度★★★ 個人的萌え度 ★★
 父Seeking The Gold、母Dancing Mahmoud(その父Topsider)という血統で、半兄にケンタッキーCクラシックH(米G2)など重賞5勝を挙げたGuided Tour(父ハンセル)が、伯母にニューヨークH(米G2)などを制したPossible Mateがいる。

Victoria Star 牝3 愛国産 良血度★★★★★ 個人的萌え度 ★★★★
 父デインヒル、母Victoria Cross(その父Spectacular Bid)という血統で、全兄にジュライC(英G1)、ナンソープS(英G1)を制したトップスプリンターのMozartがいる。従兄弟にフューチュリティS(米G1)を制した種牡馬Eastern Echo、Yell(ダヴォナデイルS-米G2)、ジムビームS(米G2)を制した種牡馬Roar、叔父にケンタッキーダービー(米G1)馬Sea Heroがいる。

Watchtower 牡3 愛国産 良血度★★★★★ 個人的萌え度 ★★★★★
 父がDubai Millennium、母がコロネーションS(英G1)の勝ち馬balisada(その父Kris)という血統で、近親にはLatice(仏オークス-仏G1)、Summoner(クイーンエリザベス2世S-英G1)を輩出している種牡馬Inchinor(父Ahonoora)がいる。Watchtowerはbalisadaの第2仔で、父がGalileoの第3仔は130万ドルで落札されている。

Western Rumour 牡3 米国産 良血度★★★★ 個人的萌え度 ★★★★
 父Gone West、母Cascassi(その父Nijinsky)という血統で、伯母に英愛オークス3冠馬(英オークス、愛オークス、ヨークシャーオークス)のDiminuendo(父Diesis)がいる。
  1. 2005/03/05(土) 17:15:58|
  2. 05年度セブンスターズ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

首・スーパーサタデー~セブンスターズ選択馬出走レースなど~

 ドバイワールドCデイの前哨戦が目白押しのスーパーサタデー。その第1レースを飾るロロピアーナT(3歳牝、ダート1600m)には、Daylami Barn(3歳馬カテゴリー)の選択馬であるDubai Escapade(牝3、父Awesome Again)、Lammtarra Barn(3歳馬カテゴリー)の選択馬であるWorld Music(牝3、父Dixieland Band)、Woodbury Lane(牝3、父Wild Wonder)の3頭が出走します。セブンスターズで選択するゴドルフィンの3頭が出走するわけで、そういった意味でもスーパーサタデーは要注目。

 Dubai Escapade(牝3、父Awesome Again)は前にも少し取り上げましたが、アシュランドS(米G1)勝ちがあり、復帰戦となったシャーリージョーンズH(G2)ですごい勝ち方をしたMadcap Escapade(父ヘネシー)の半妹になります。現在1戦0勝で、デビュー戦は5着。

 World Musicは、半姉にJilbab(父A.P.Indy、CCAオークス-米G1)、半兄にAncient World(父スピニングワールド、ヴィトリオディカプア賞-伊G1、Dubai Millennium Barnの選択馬でもある)、伯父にSaratoga Six(デルマーフューチュリティー-米G1)、ダンベース(ウィリアムヒルフューチュリティー-英G1)がいる良血馬。現在2戦0勝で3着、6着。

 Woodbury Laneは取り立てて特筆するような血統ではないみたいです。現在1戦0勝で、デビュー戦は5着でした。

 2R・アザルS(3歳、ダート1400m)には、Lammtarra Barn(3歳馬カテゴリー)の選択馬であるZalaal(牡3、父A.P.Indy)、Street Cry Barn(04年未出走3歳馬カテゴリー)の選択馬であるDubai Wings(牡3、父Fusaichi Pegasus)が出走。

 Zalaalは、伯父にジェロームH(米G1)を制したFuriously(父Danzig)。これまで3戦して0勝。2着が1回あります。Dubai Wingsは伯母にディスタフH(米G2)を制したChannel Three(父Tri Jet)。2月24日の首・ナドアルシバ競馬場でのデビュー戦では6着に敗れています。

 3Rはバージュナハール(4歳上、準重賞・ダート1600m)は、すごく豪華。マクトゥームチャレンジラウンドIの覇者Grand Emporium、マクトゥームチャレンジラウンドIIの覇者Jack Sullivanの対決に加え、ゴドルフィン所属のセブンスターズ絡みの馬として、QaisInamoratoの2頭が出走します。

 Qaisは、父Seeking The Gold、母が英オークス馬Snow Bride(その父Blushing Groom)という血統で、半兄にはラムタラ(凱旋門賞-仏G1)がいます。ラムタラの兄弟はそれほど走っていないのですが、母が英オークス馬、祖母Awaasifはヨークシャーオークス(英G1)馬、そして兄にラムタラという血統背景は極上というより他はないでしょう。現在5戦4勝で、2月10日の、約1年4ヶ月ぶりとなった復帰戦でも5馬身差圧勝しており、未完の大器がとうとう覚醒か・・・と思わせる雰囲気は持ってます。そういった意味でもこの復帰2戦目は注目ですね。

 Inamoratoは、父に今旬のTale Of The Cat、母Be My Sweetheart(その父No Robbery)という血統。近親にサンタアニタダービー(米G1)を制した種牡馬Marfaがいます。デビュー2連勝で臨んだUAEダービー(首G2)でVictory Moonの3着。04年のマクトゥームチャレンジラウンドIIでもVictory Moonの2着と、Victory Moonにはやられっぱなしですが、これまで掲示板をはずしたことのない堅実派で、ゴドルフィンマイル(首G2)でも5着と相手なりに走るタイプ。おそらくバージュナハールでも3、4着といったところでしょうか。
  1. 2005/03/04(金) 23:03:12|
  2. 05年度セブンスターズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴドルフィンセブンスターズ2005攻略 その1

 ゴドルフィンセブンスターズ2005に関して、自分が選ぶ際のメモ書きのようなものを公開します。まだネット環境が揃ってないため、非常手段でのネット接続でしっかりと調べられないので、中途半端な形ですが。

ゴドルフィンセブンスターズ2005メインページ
7つのカテゴリーとその選択馬

 ゴドルフィンの看板馬たちが並ぶカテゴリー、Dubai Millennium Barnに関しては、ほかでも扱っていらっしゃるところがあるようなので、とりあえず後回し。競馬界のニッチをひたすらに探求する私としては、Tempera Barn(04年未出走3歳馬のカテゴリー)を先にやりたい。まだ少ししか選択馬に関して見てないですが、とりあえず目についた良血馬に関して、Mille、Moktabesの2頭挙げておきます。牝系大好き人間の私の好みとしては、Milleを選択する可能性が非常に高いですね。

 Milleは、父Dubai Millennium、母Cloelia(その父Lyphard)という血統。半兄にPassinetti(父Slew O' Gold、サンファンカピストラーノ招待H-米G1)がいる、名牝系Royal Statute系の出身。Royal Statute系の活躍馬としては、枚挙に暇がないくらい数が多いのですが、主だったところでヘクタープロテクター、Bosra Sham、シャンハイ(この3頭はMilleの従兄弟にあたる)、ラムタラ(少し遠くなる)などがいます。

 Moktabesは父Machiavellian、母Cinnamon Sugar(その父Wild Again)という血統。母Cinnamon Sugarは、ロングルックH(米G2)勝ちがあり、マザーグースS(米G1)でも2着がある実績馬。従姉妹にAllspice(父コロナドズクエスト、シクスティセイルズH-米G3)が、近親(祖母Sugar and Spiceの半兄)に種牡馬Alydarがいます。


 私の信条として、情報が少ないけど、それなりのニーズがありそうな分野に関して情報を提供して、訪問してくれる方に見てもらって、満足してもらうというものがありまして、ドバイに関してもその一環のつもりです。日本馬の辞退が相次いでいますが、別にもうそれはどうでもよくなってきてます。日本馬が出るからと言う問題ではなくて、海外競馬でもイギリス・北米などメジャー国に比べてまだまだ情報が少ないけど、重要だなと思ったのがドバイだったわけで。

 ドバイの日本馬遠征辞退に関しても、一言二言どころか、三十言くらい言いたいことはあるのですが、元来、日本では海外競馬の情報が少なすぎるという問題があると思います。スポーツ新聞にしても、共同通信・時事通信などの通信記事くらいしかないですし、海外競馬にアンテナを張っている唯一のスポーツ新聞であるサンスポに関しても十分とは言いがたい状況です。競馬雑誌であるギャロップ、競馬ブック、優駿にしても、なかなか全ての情報は手に入りにくく、速報性も欠けています。

 そんな中で、海外競馬に興味を持っている人たち、もしくは知りたいと思っている人たちに対して、私なりに情報を提供していきながら一緒に勉強していけたらなという気持ちでブログをやっている部分も、多少ですがあります。つい最近はじめたばかりの、ぽっと出の私がこんなことを言うのも大変恐縮で、1972氏など大先輩方に対しては本当に頭を低くしているのですが。

 ゴドルフィンセブンスターズに関しても、「やるみたいよ」というエントリーをしただけなのですが、けっこうゴドルフィンセブンスターズ目的でこのブログを訪れる人が多いみたいで、セブンスターズという名前は聞いたことがあるけど、どういうものかよくわからない、どういう馬を選べばいいかわからないというような、日本語で書かれた情報が少ないよなあとは自分でも思いますし、訪問してくれる人の役に立ちたいということもあって、25日までにちょっと本格的にやろうかと思ってます。つたないブログを訪れてくれるというのが、まあうれしいわけで、何か役に立てたらブロガー冥利につきるというものです。

 とはいうものの、ドバイに関してもそうですが、何よりも私が好きだから、やりたいから、死ぬほど競馬が好きだからというのが最優先事項にして、最大のモチベーションです。
  1. 2005/03/02(水) 23:22:33|
  2. 05年度セブンスターズ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3
次のページ

くろうま

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。