Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ドバイゴールデンシャヒーン出走予定馬(3/9)

World's best preparing for Dubai (Dubai World Cup | Press Releases)
O'Neill's wish for Thor’s Echo comes true (DIRC Blog)
Ready Makes Four (DIRC Blog)
Badge of Silver sidelined by quarter crack (DIRC Blog)
Baffert has to shelve ski plans till 2007 (DIRC Blog)

●ドバイゴールデンシャヒーン出走予定馬
(3/9現在、出走するであろうと思われる馬)

3/25 ドバイゴールデンシャヒーン(4歳上、首G1・ダート1200m)

アグネスジェダイ(牡4、栗東・森秀行厩舎)
主な戦績:東京盃(交流G2)、サマーチャンピオン(交流G3)
※吉原寛人(金沢競馬所属)騎手騎乗

Proud Tower Too(牡4、米・S.Gonzalez厩舎)
主な戦績:マリブS(米G1)

Captain Squire(セン7、米・J.Mullins厩舎)
主な戦績:エイシェントタイトルBCH(米G1)

Major Success(牡5、米・R.Frankel厩舎)
主な戦績:ペイロスヴァーデスH(米G2)
※同厩のBadge of Silverと同じくドバイ回避が決定

Da Stoops(牡3、米・B.Baffert厩舎)
※ボールドウィンS(G3)での敗戦で一気にトーンダウン。
 来年こそはドバイに連れて行くと釈明。

Thor's Echo(セン4、米・D.O'Neill厩舎)
主な戦績:マリブS(米G1)・3着

Bordonaro(セン5、米・B.Spawr厩舎)
主な戦績:アンダーウッドS(米G3)

Jet West(牡5、米・T.West厩舎)
主な戦績:ペイロスヴァーデスH(米G2)・2着
※Kent Desormeaux騎手騎乗予定

Perfectly Ready(牡3、豪・ M.Price厩舎)
※Ted Durcan騎手騎乗予定
スポンサーサイト
  1. 2006/03/01(水) 01:20:38|
  2. 06年ドバイゴールデンS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アルシンダガースプリント(1/26)、ブラジルのHeart Aloneが圧勝

Heart Alone gives Kinane a treble (Dubai World Cup | Press Releases)
Al Shindagha Sprint Analysis (DIRC Blog)
Record colt wins for Princess Haya (DIRC Blog)
EARL'S COURT JUST DENIED (Godolphin)
ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2日目・動画

現地時間1月26日、首・ナドアルシバ競馬場で行われたアルシンダガースプリント(4歳上、首G3・ダート1200m)は、ブラジルから遠征してきたM.Kinane騎手騎乗の10番人気ハートアローン Heart Alone(牡4、伯・A.Cintra厩舎)が、昨年の2着馬Conroyに3.3/4馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは1分10秒17(良)で、04年National Currencyが記録したレコードの1分10秒12に迫る好時計。さらに3.1/2馬身差離された3着にThajjaが入り、1番人気に支持された昨年のドバイゴールデンシャヒーン(首G1)3着馬Botanicalは12着と大敗し、同じく昨年のドバイゴールデンシャヒーンで2着したTropical Starは2番人気も5着敗退という結果に終わった。

1/26 首・ナドアルシバ競馬場 Fast
アルシンダガースプリント(4歳上、首G3・ダート1200m)

着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (5) Heart Alone(BRZ) / A.Cintra / M.Kinane 25/1 1.10.17
2 (6) Conroy(USA) / A.Selvaratnam / J.Murtagh 7/1 3.3/4
3 (7) Thajja(IRE) / D.Watson / R.Hills 9/1 3.1/2
4 (2) Safsoof(USA) / I.Mohammed / R.Mullen 33/1 ハナ
5 (13) Tropical Star(IRE) / A.Al Raihe / R.Ffrench 7/2 1/2
6 (9) Conceal(GB) / R.Bouresly / P.Dillon 20/1 2.1/4
7 (3) Karlo Guitar(BRZ) / C.Morgado / M.Almeida 33/1 1.3/4
8 (8) Sleeping Weapon(USA) / D.Watson / W.Supple 20/1 1/2
9 (14) Candidato Roy(ARG) / M.De Kock / K.Shea 16/1 1/2
10 (4) Tableau(USA) / R.Bouresly / T.O'Shea 66/1 2
11 (11) Starpix(FR) / H.Brown / S.Randolph 12/1 アタマ
12 (10) Botanical(USA) / I.Mohammed / K.McEvoy 2/1F 1.1/4
13 (1) Kay Two(IRE) / Ms F.Crowley / P.Smullen 33/1 5
14 (12) Commandocourageous(SAF) / D.Maroun / J.Bekker 8/1 1

 同レースを制したHeart Aloneは、父Music Prospector、母Sylicon Purple(その父Purple Mountain)という血統のブラジル産馬で、05年マジョールサコー大賞(伯G1・芝1000m)を制したブラジルトップスプリンター。パート1国であるブラジルでG1勝ちがあるため他馬より3キロ重い60.5キロという酷量を背負っての出走だったが、それをものともしない圧勝劇だった。3月25日のドバイゴールデンシャヒーン(首G1)を目指す。

 1R・タムウィールプレート(4歳上、ダート1400m)では、04年ファシグティプトンコールダーセールで310万ドルで落札されたDubai Dreamerが初勝利を挙げた。ハヤ王女の持ち馬でKerrin McEvoy騎手が手綱を取っていた。ハヤ王女はマクトゥームチャレンジラウンドIマクトゥームチャレンジラウンドI(首G3)をBlatantを制しており、今後注目。

 3R・ムスタクバリC(3歳牝、ダート1400m)ではElusive Quality産駒のVagueが勝利し、ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2005で7勝を挙げたJeremy Noseda調教師が06年初勝利を挙げた。Vagueは05年アルバニーS(英G3)ではRumplestiltskin(3着)に先着して2着に食い込んでいる。

 4R・アマンT(4歳上、芝1300m)に出走した南アフリカのSafe Structureは9着。

 6R・タサヘールC(4歳上、芝2400m)では、05年シンガポール航空国際C(星G1)でMummifyの5着した南ア・M.De Kock厩舎のExcaliburが、1番人気で出走し2着に惜敗。勝ったのはドイツからの遠征馬Encinasで、ドイツ勢として06年初勝利。

 8R・アッチジャリフォンC(4歳上、芝2000m)ではM.De Kock厩舎のOracle Westが、1番人気に支持されたゴドルフィンのEarl's Courtとの叩き合いを制して快勝。

 最終レースの9R・コマーシャルバンクオブドバイC(4歳上、芝2000m)でも同じくM.De Kock厩舎のTysonが快勝して、M.De Kock師はこの日2勝2着1回と好成績。ようやくエンジンがかかってきた。TysonはサマーC(南G1)の勝ち馬で、大きいところを狙える馬だと思うし、M.De Kock師もそう思っているはず。力はあるし、ドバイの適性もありそう。次走に期待。

●関連トピックス
アルシンダガースプリント(1/26)、展望
  1. 2006/01/28(土) 12:31:44|
  2. 06年ドバイゴールデンS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アルシンダガースプリント(1/26)、展望

It’s high speed on track action this Thursday (Dubai World Cup | Press Releases)
Al Shindagha Sprint Form Analysis (Dubai International Racing Carnival Blog)

 現地時間1月26日、首・ナドアルシバ競馬場ではドバイゴールデンシャヒーン(首G1)に向けてのダートスプリント路線の幕開けアルシンダガースプリント(4歳上、首G3・ダート1200m)が行われる。

1/26 首・ナドアルシバ競馬場
アルシンダガースプリント(4歳上、首G3・ダート1200m)

馬番 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手
1 (5) Heart Alone(BRZ) / A.Cintra / M.Kinane
2 (10) Botanical(USA) / I.Mohammed / K.McEvoy
3 (14) Candidato Roy(ARG) / M.De Kock / K.Shea
4 (12) Commandocourageous(SAF) / D.Maroun / J.Bekker
5 (9) Conceal(GB) / R.Bouresly / P.Dillon
6 (6) Conroy(USA) / A.Selvaratnam / J.Murtagh
7 (3) Karlo Guitar(BRZ) / C.Morgado / M.Almeida
8 (1) Kay Two(IRE) / Ms F.Crowley / P.Smullen
9 (2) Safsoof(USA) / I.Mohammed / R.Mullen
10 (8) Sleeping Weapon(USA) / D.Watson / W.Supple
11 (11) Starpix(FR) / H.Brown / S.Randolph
12 (4) Tableau(USA) / R.Bouresly / T.O'Shea
13 (7) Thajja(IRE) / D.Watson / R.Hills
14 (13) Tropical Star(IRE) / A.Al Raihe / R.Ffrench

 ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2日目のメインレースとなるアルシンダガースプリントはなかなか面白いメンバーが揃っており、好レースが期待できそうである。注目はブラジルVS南アフリカVSドバイという3勢力の争いに加えフランスのStarpix参戦で、各国を代表するスプリンターがしのぎを削る。

 ブラジルから遠征するHeart Aloneは05年マジョールサコー大賞(伯G1・芝1000m)を制したブラジルのトップスプリンターで、Karlo Guitarは同レースで3着だった馬。異端血統最前線さんによると、Heart Aloneの調子はすこぶるよさそうで、好走が期待される。

 南アフリカからはCommandocourageous、Candidato Royが出走する。Commandocourageousは、従兄弟に南アG1・3勝を挙げ香港スプリント(香G1・芝1000m)でも2着したNational Currencyがいるスプリンター一族の出身。まだ底を見せていない大器で、今年の注目馬の一頭でもあるだけに、ここは試金石。南アG1・2勝を挙げている南アフリカ最優秀2歳牡馬のCandidato Royは昨年のドバイでは3戦していずれもいいところがなかったが、今年は果たして・・・。力はあるだろうから侮れない存在ではある。

 地元ドバイからは、歴戦のツワモノが勢揃い。ドバイダートスプリント路線に実績のあるTropical Star、Conroy、Botanical、Concealなどが今年もこの路線に戻ってきた。昨年のドバイゴールデンシャヒーンでSaratoga Countyの2着したTropical Starは、04年のゴドルフィンマイル(首G2)でもFirebreakの2着とマイルでも実績があるがやはりベストはスプリント。ゴドルフィンから移って今はI.Mohammed厩舎のBotanicalは、昨年のドバイゴールデンシャヒーン・3着馬で、98年ミドルパークS(英G1)を制したLujainの全弟。Conroyは昨年の同レース2着馬で、04年ナハーブアルシマール(首G3・ダート1200m)制覇、04年ドバイゴールデンシャヒーン(首G1)3着があるドバイダートスプリント路線の雄で、ナドアルシバのダート1200mで5勝を挙げている。Concealは04年の同レースでNational Currencyの4着。

 一方、フランスからは05年ジャンプラ賞(仏G1)で2着があるStarpixが参戦。

 26日に行われる他のレースでは、4R・アマンT(芝1300m)に南アフリカのSafe Structureが出走する。Commandocourageousに比べるとやや器の大きさ的に落ちるものの、南アフリカを代表するスプリンターのVegaを破っている実績がある。

 9R・コマーシャルバンクオブドバイC(芝2000m)では、南アフリカの人気馬Tysonが出走する。厩舎はおなじみのM.De Kock厩舎で05年サマーC(南アG1)を制している。

●関連トピックス
南アフリカのトップスプリンター2騎がドバイへ
  1. 2006/01/26(木) 01:31:33|
  2. 06年ドバイゴールデンS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

くろうま

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。