Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界の中の日本、日本の中での世界

 チャンピオンズマイルに出走するコスモバルクに関して、海外での取り上げ方、日本での取り上げ方について、いくつか思ったことを。

Japan Team Fielded by Industry Mover, Shaker (The Hongkong Jockey Club)

 PURE GOLD-競馬ニュース-さん経由。

 Japanese raider out to silence the Sha Tin crowd (scmp.com)

 上記2つは香港でのコスモバルクに関しての詳細な記事。下のものは、東京にいるJeremy Walker氏が書かれているようで(誰だか存じませんが)、さすがに詳しい。副題からして、「気性から考えてマイルは合うだろう」と、よくわかっている様子。武豊がチャンピオンズマイルでコスモバルクに乗せてくれるよう、オファーを出したなんて話まで載っている。おそらくThe Hongkong Jockey Clubの記事もこの人か、同じように香港の人で日本にいる人が書いたものだろう。

 日本のコスモバルクが詳しく紹介されているけど、ここで間違ってはいけないのが、日本馬がむこうで走りまくっている香港だからこそ、この記事であって、世界がコスモバルクを知っているわけではないということ。

Silent Witness scorches through short work (Thoroughbred Times)

 Silent Witnessが記事の中心なのは言うまでもないけど、Attractionには触れているのに、コスモバルクに関しては全く触れてない。

ATTRACTION PUT THROUGH HER PACES (Sporting Life)

 当然のことながら、Attraction中心。Silent Witnessには触れてあるけど、コスモバルクのコの字もない。

The speed is on the fence - Champions Mile barrier draw reaction (SA Horseracing)

 ここがコスモバルクに触れているのは、コスモバルクが有名だからではなく、ここのメディアが世界で1番世界中の競馬を見てきているから。以下引用部分。

There's no doubt the statement of the morning came from Japanese trainer Kazunori Tabe, responsible for Cosmo Bulk.

"We are going to beat Silent Witness and then come back again for the Hong Kong Mile in December," Tabe proclaimed.

Cosmo Bulk, trained in Hokkaido and runner-up in last season's Japan Cup and 2,000 Guineas equivalent at upwards of 2000m, drew midfield in gate six shortly after impressing in a turf gallop.

"I have never had such a good draw for him," said Tabe.

"Our jockey can put him into third or fourth from that position. Having seen his work this morning I know that we have a very big chance in this race."

 田部調教師は「Silent Witnessをぶっ倒しにきました。12月には香港マイルも勝たせてもらうのでよろしく。(枠に関しては)いい枠引いたねえ。今までこんないい枠引いたことないよ。騎手には3、4番手からレースを進めるように叩き込んでおいたんで、(できなければ乗り代わりだし)大丈夫でしょう。まあ、楽勝ですよ」とのこと(一部意訳あり、悪意はない(笑))。

 つまり、日本人にしてみれば、香港のスター・Silent Witnessと日本のスター・コスモバルクのスター競演にAttractionという名女優が彩りを添えるという認識だけど、世界から見ればSilent Witnessの出走レースにAttractionが出るから記事にしているというだけ。これが世界から見た日本馬の現実。誰もコスモバルクのことなんか知らない。

 今回、すでに知名度は高く、日本のファンでも知っている人の多いSilent Witnessと、地方馬コスモバルクが対戦ということで、チャンピオンズマイルに関して、JRAをはじめとして日本のマスコミも、わりと大きくチャンピオンズマイルを取り上げている。ドバイ遠征のアジュディミツオーのときも、けっこう大きく取り上げられたけど、日本で海外レースがここまで大きく取り上げられているのは、久しぶりのような気がする。

 こういうときこそ、世界が近くなってくる。世界で活躍している馬と自分達がよく知っている馬が対戦するということで世界が身近に感じられるし、興味もわいてくる。

 一方、世界の中で日本はどうかというと、一部を除いてそれほど日本、コスモバルクが注目を受けてなく、温度差を感じる。どうやってこの温度差を埋めて、日本と世界の距離を縮めるかと言うと、やっぱり海外に出て、国際レースで名を挙げることのほかないわけで。国際的な大レースを制してはじめて、何だあの馬は? どんな馬なんだ?ということになってくるわけで、そういったことを繰り返して、日本で強い・有名である=世界で注目される、にならなくてはならない。そういう意味で、今回のコスモバルクの遠征は素直にうれしいし、活躍してほしい。勝つのは無理でも、2着、3着には来てほしい。日本のコスモバルクを、世界にアピールしてほしいと素直に思う。

 一方の、シンガポール航空国際C(星G1・芝2000m)に出走するシーキングザダイヤに至っては、ほぼ無視状態、まあ勝手にやってくれや(-。-)y-゜゜゜ってなもんで、マスコミの取材もサンスポのみのようグリーンチャンネルでも、チャンピオンズマイルは放送するのに、シンガポール航空国際Cは放送なし。これを黙殺といわずして何というのだろう。ワールドシリーズ・レーシングチャンピオンシップ第2戦なのに。。。こういう極端な取り上げ方の違いをする時点で、マスコミとしての成熟度が低いことを露呈してしまっているのだけど、きっと気づいてないんだろう。

 だいたい、海外遠征馬に対するフォローで、マスコミのやる気がわかる。社台関連の海外遠征は、社台側からアナウンスがちゃんとあるんだろうけど、扱いが大きい。青山氏など森厩舎の遠征は無視が多い。そして、やる気があると、JRA、たんぱ、マスコミなどが現地入りしてからの様子を記事にする。追い切りはどうだったとか。

 こういうことでもない限り、ふつうの競馬ファンは海外なんて知らないわけで(悲しいけど)、日本馬が出走しなくてもちゃんと取り上げるようにならないと、いつまでたっても世界の中での日本ではなくて、日本の中での日本で終わるような気がする。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/12(木) 21:40:28|
  2. 香港|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:5
<<世界の中の日本、日本の中での世界 補足 | ホーム | 電子麒麟、ついに引退>>

コメント

本筋と関係ないところで恐縮ですが、ジェレミー・ウォーカー氏はサッカー系のライターとしての活動がよく知られてますね。
http://www.fcjapan.co.jp/mail_magazine/news/feature.php3?flg=0
個人的には割と信頼できるライターという印象。
  1. 2005/05/14(土) 00:57:08 |
  2. URL |
  3. 有芝まはる(ry #-
  4. [ 編集]

で、本筋の方に言及しますと、外国人にコスモバルクの置かれている立場を説明するのって困難を極めると思いますし、コスモバルクがどういう意味で特殊かを大概の外国人は理解して無いと思われる以上、G1を勝ったことの無いこの馬が注目されるのは難しいのかなと。
  1. 2005/05/14(土) 00:59:29 |
  2. URL |
  3. 有芝まはる(ry #-
  4. [ 編集]

初めて知りました^^;

昔はサッカー好きだったのですが、最近全然見てないもので、全く知りませんでした。ジェレミー・ウォーカー氏、なかなか興味深い人物ですね。

で、本筋に関してなんですが、コスモバルクが海外に知られていないというのは、必ずしも「JRAの制約に苦しむ、悲しき地方馬」としてのコスモバルクではなくて、単純に「日本における人気馬」としてのコスモバルクです。文脈的に、地方馬云々という部分が強調されてしまったのかもしれませんが、そういうつもりはないです。

地方とか安田記念に出れないとか、そういった側面を一切抜きにした状態で考えてもらってかまわないです。それを抜きにしてコスモバルクの人気は考えられないといわれればそうなんですが、いわゆるドメスティックな人気馬としてのコスモバルクが知られていないということは日本の情報が海外に知られていないということと同義なのかなと思うわけです。

国際舞台で必ずしも活躍してなくても、アメリカでいえばスマーティー、イギリスで言えばパーシャルパンチ、香港でいえば、サイレントウィットネス、オーストラリアで言えばマカイビーディーヴァ。

こういったいわゆる地元で人気のあるスターたちっていうのは、ある程度の人気に達したら、その人気っていうのが海外に漏れ始めるものじゃないですか。それがコスモバルクに関しては、全く海外にその人気が知られていないっていうのは、香港はともかくとして、日本がそれほど注目されてないっていうことなのかなと。

そういうことが言いたかったわけです。
  1. 2005/05/14(土) 01:43:43 |
  2. URL |
  3. くろうま #-
  4. [ 編集]

何で海外の中継しないとマスコミとして
不成熟なのか?
持ち上げすぎてないですか?
  1. 2005/05/14(土) 10:20:20 |
  2. URL |
  3. ドメイン #-
  4. [ 編集]

んー

ゴルフでもそうですが、
藍、さくらが英国に遠征したとして、
同じ時期他の選手が米国に遠征しました。

マスコミは藍、さくらばかり追いかけて
米国に行った選手はほとんど報道されませんでしたと。

こういう状況はどうなんでしょう?
こういう報道はマスコミとして成熟した報道といえるのか?

そういったことです。

日本馬の出走しない場合でも、
ケンタッキーダービー、英ダービーくらいは中継してほしいと思ってます。

あなたがサッカーファンだったとして、ワールドカップの決勝がイタリアであるのに、テレビではJリーグの優勝争いばかりで、テレビで全然やってくれない、情報もない。おかしいと思いませんか?

あなたがゴルフファンだとして、マスターズがあるのに、テレビは藍、さくらばかりで全然マスターズが放送されない。ちゃんと海外を取り上げてくれよと思いませんか?

私なら思います。
  1. 2005/05/14(土) 14:15:17 |
  2. URL |
  3. くろうま #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/121-a8e9ead9

サイレントウィットネスが日本へ?

今TVGを見ていたら、サイレントウィットネスのオーナーさんへの電話インタビューをやっていて、もし今日のレースに勝ったらサイレントウィットネスは日本へ行くと言っていました。本当?そうなるとコスモバルクに悪いけど、サイレントウィットネスに勝ってもらったほうがいい
  1. 2005/05/14(土) 13:28:16 |
  2. シービスケット紀行【アメリカ・テーマ旅行】

くろうま

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。