Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Dubawi、英ダービーへ

DERBY NEXT FOR DUBAWI (Sporting Life)

 愛2000ギニー(愛G1・芝8f)を快勝したゴドルフィンのDubawiが、2週間後に控えた6月4日の英ダービー(英G1・芝12f)に出走することがほぼ決定となった。

 ゴドルフィンのレーシングマネージャーであるSimon Crisford氏は「レース後順調で、これならと思って英ダービー出走を決意しました」と語っている。

 そうなると出てくるのが距離とコース・馬場の問題。Dubawiが経験しているのはマイルまでで、12fの競馬は未知数。しかも、ニューマーケットのトリッキーなコースは英2000ギニーで敗れていることから見てどうなのか。

 まず距離に関して、Simon Crisford氏は「その点について我々は楽観的に考えています。レース前にいろいろ言ってみたところで、結局のところレース前にわかる術はなく、Dubawiの力を信じるほかありません。2000mまでの距離については対応できると考えていますが、残りの400mは別問題です。しかし、2000mまでを得意とする馬たちが何頭も英ダービーを勝っているのもまた、事実なのです。また、血統面に関して、Dubawiは母系から豊富なスタミナを受け継いでいますが、父のDubai Millenniumに関して言えば、2000mまでの馬で、英ダービーでは400m持ちませんでした」とのこと。

 また、コース・馬場に関しても、「Dubawiはターボ並みの瞬発力を持っています。それがエプソムのコースでうまく働いてくれるでしょう。それに、英2000ギニーのときは馬場が速すぎました。もう2度とあんな馬場で走ることはないでしょうし、エプソムの馬場はDubawiに向きそうな状態になっているようです」と、Simon Crisford氏は不安を打ち消した。

 なお、Dubawiの英ダービー参戦を受けて、仏2000ギニー(仏G1)を制したShamardalは、6月5日のジョケクルブ賞(仏G1・芝2100m)に向かうとのこと。

 現在の英ダービー前売りオッズとしては、ダンテS(英G2)を勝ったMontjeu産駒のMotivatorが少し抜けているものの、愛2000ギニーを勝ったDubawi、ディーS(愛G3)を勝ったクールモアのGypsy Kingと三つ巴の状態。MotivatorがダンテSを勝ったときは、英ダービーはMotivatorで決まりだなんて思ったものだけど、なかなかどうして競馬は面白い。一時はいたるところからオッズが消えていたが、ここに来てDubawiが急浮上してきた。

 ロイヤルアスコットレーシングクラブのMotivator対ゴドルフィンのDubawi対クールモアのGypsy Kingジャバザハットこと、サー・M.スタウト調教師は何を出してくるのか。2週間後に迫った英ダービーに向けて、役者は揃いつつある。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/22(日) 22:39:35|
  2. イギリス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<愛1000ギニー、Crowley調教師がクラシック初制覇 | ホーム | プリークネスSはAfleet Alex>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/131-8373aa54

くろうま

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。