Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ゴドルフィンのSS産駒Silent Jo、初勝利に向けて5日出走

 海外でのサンデーサイレンス産駒の活躍を受けて、息抜きをかねて海外のサンデーサイレンス産駒ネタを少し。Silent Joは個人的になかなか懐かしい馬です。昔を思い出します。

 現地時間5日、英・リングフィールド競馬場で行われるメイドン(未勝利レース、芝14f)にゴドルフィン所属のSS産駒サイレントジョー Silent Jo(牡3、英・S.bin Suroor厩舎)が出走します。鞍上はK.McEvoy騎手。

 なかなか勝ちきれない馬で、これまで好走はするものの7戦して未勝利。前走は勝ち馬から5馬身差離されはいるものの2着に食い込んでおり、そろそろ初勝利といきたいところ。初勝利に向けての強敵は3、2、3着と好走を続けているJ.Gosden厩舎のMy Immortal。おそらくこの馬との一騎打ちになるでしょう。

 父サンデーサイレンス、母ジョーノウズ(その父The Minstrel)という血統で、追分ファームの生産馬。02年セレクトセールで、ゴドルフィンに7000万円で落札されていまして、04年4月にデビュー。デビュー戦から3、2、3着と勝ちきれないままに04年度は終わり、05年に入ってからは距離延長して12fをメインに戦っていますが、いまだに勝ち星は挙げられず。がんばってほしいものです。

 また、同日行われる英・ニューマーケット競馬場のメイドン(未勝利レース、芝7f)でSS産駒のマークオブブリリアンス Marc Of Brilliance(牡2、英・S.bin Suroor厩舎)がデビューします。こちらは日本産ではなくダーレーが生産した米国産馬。鞍上にはT.Durcan騎手。

 父サンデーサイレンス、母ラーカック(その父Generous)という血統で、伯父に96年英2000ギニー(英G1)、96年クイーンエリベザス2世S(英G1)を制したMark Of Esteem(父Darshaan)がいる良血馬。近親にLocal Talent(ジャンプラ賞-仏G1)、04年東京湾Cでアジュディミツオーの2着したダーレジャパン1期生の星ゼレンカ(父Seeking the Gold)がいます。こちらは2歳馬ですので、これからどんな活躍を見せてくれるのか注目したいところ。血統的に走って欲しい存在ですね。

 おそらくゴドルフィン的にもMarc Of Brillianceには期待しているはず。こんな状況ですので

 本来ならMarc Of Brillianceをトップにもってくるべきだけど、まあいいか。思い入れ重視ということで。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/04(木) 21:31:33|
  2. ゴドルフィン・ダーレー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ゴドルフィンのSS産駒Silent Jo、2着惜敗 | ホーム | ゴドルフィンの強さの秘密に迫る その5 ~ゴドルフィン、マクトゥーム家、ドバイに関する年表~>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/168-75eeb087

くろうま

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。