Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アルバニーS(6/17)、La Chunga圧勝

 現地時間17日、英・ヨーク競馬場で行われたアルバニーS(2歳牝、英G3・芝6f)は、J.Spencer騎手騎乗の4番人気ラチャンガ La Chunga(牝2、英・J.Noseda厩舎)が、同じくJ.Noseda厩舎のVagueに3.1/2馬身差をつけて快勝し、J.Noseda厩舎のワンツーフィニッシュ。

 名牝Miesqueの孫で、伯父伯母にKingmambo、East of the Moon、Miespue's SonがいるクールモアのRumplestiltskinは、デビュー戦、2戦目の準重賞と連勝を飾っており、重賞初挑戦となる3戦目の今回も当然のように1番人気の支持を集めたが、勝ち馬から3.1/2+1馬身差の3着に敗れた。

6/17 英・ヨーク競馬場 Good To Firm
アルバニーS(2歳牝、英G3・芝6f)

着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (15) La Chunga(USA) / J.Noseda / J.Spencer 10/1 1.10.35
2 (3) Vague(USA) / J.Noseda / M.Kinane 50/1 3.1/2
3 (1) Rumplestiltskin(IRE) / A.O'Brien / K.Fallon 5/4F 1

 同レースを制したLa Chungaは、父More Than Ready、母Gypsy Monarch(その父Wavering Monarch)という血統で、叔母にはアムステルダムH(米G3)を制したMint(父Runaway Groom)がいる。5月のデビュー戦は3着だったが、未勝利のまま臨んだ今回、初勝利を飾ると共に重賞初制覇となった。通算成績2戦1勝。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/18(土) 22:34:24|
  2. 06年欧州クラシック|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<バトン | ホーム | サイト紹介>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/173-7e36ddf8

くろうま

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。