Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

レイルウェイS(6/26)、グランデラ半弟George Washington重賞初制覇

 現地時間27日、愛・カラ競馬場で行われたレイルウェイS(2歳、愛G2・芝6f)は、5頭立ての同レースに2頭出しで臨んだオブライエン厩舎の期待馬ジョージワシントン George Washington(牡2、愛・A.O'Brien厩舎)が、1番人気に応えて快勝した。勝ちタイムは1分13秒10(良)。3/4馬身差の2着にも同厩のAmigoniが入りオブライエン厩舎のワンツーフィニッシュ。

6/26 愛・カラ競馬場 Good To Firm
レイルウェイS(2歳、愛G2・芝6f)

着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (5) George Washington(IRE) / A.O'Brien / K.Fallon 2/5F 1.13.10
2 (2) Amigoni(IRE) / A.O'Brien / J.Heffernan 25/1 3/4
3 (1) NamayavJ S Bolger(IRE) / K.Manning 16/1 アタマ

 同レースを制したGeorge Washingtonは、父デインヒル、母Bordighera(その父Alysheba)という血統で、半兄には02年プリンスオブウェールズS(英G1)を5馬身差圧勝するなどG1・3勝を挙げ同年の欧州最優秀古馬に輝いたグランデラ(父Grand Lodge)がいる。クールモア所有の同馬は、5月1日のデビュー戦こそ3着に敗れたものの、2戦目で初勝利を飾ると、3戦目の同レースで重賞初制覇を遂げた。通算成績3戦2勝。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/27(月) 22:41:49|
  2. 06年欧州クラシック|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Horse Racing Baton | ホーム | クレイボーンファームの母、ワデル・ハンコック女史が死去>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/174-61bce73b

くろうま

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。