Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

南ア・Grand Emporium、マクトゥームチャンレンジラウンドI制す

Grand Emporium scores in Maktoum Challenge Round I
(Thoroughbred Times)


 現地時間1月20日、首・ナドアルシバ競馬場で行われたドバイインターナショナルレーシングカーニバルの幕開けとなるマクトゥームチャンレンジラウンドI(首G3・ダート1600m)は、7月3日のダーバンジュライ(南アG1・芝2200m)7着以来となるグランドエンポリウム Grand Emporium(セン5、南ア・M.De Kock厩舎)が、Kanekoに1.3/4馬身差をつけて快勝しました。勝ちタイムは1分37秒92(良)。昨年の覇者State Shintoは5着敗退。

1/20 首・ナドアルシバ競馬場
マクトゥームチャンレンジラウンドI(4歳上、首G3・ダート1600m)

着順 枠 馬名(生産国) 調教師 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (3) Grand Emporium(SAF) / M.De Kock / W.Marwing 11/2 1.39.92
2 (12) Kaneko(TUR) / E.Ates / H.Karatas 33/1 1.3/4
3 (11) Jack Sullivan(USA) / G.Butler / E.Ahern 12/1 1.1/4
4 (9) Chiquitin(ARG) / J.Barton / M.Kinane 14/1 短頭
5 (8) State Shinto(USA) / M.Al Kurdi / R.Moore 14/1 7
6 (7) Cherry Pickings(USA) / M.Al Kurdi / T.Durcan 14/1 ハナ
7 (1) Estimraar(USA) / M.Al Kurdi / R.Mullen 14/1 1/2
8 (2) Checkit(IRE) / R.Bouresly / G.Hind 14/1 5
9 (13) Surbiton(USA) / A.Al Raihe / W.Supple 14/1 クビ
10 (10) Tahreeb(FR) / D.Selvaratnam / P.Smullen 10/1 2
11 (4) Tropical Star(IRE) / A.Al Raihe / L.Dettori 6/4F 1
12 (6) Bonecrusher(GB) / M.Al Muhairi / S.Chin 33/1 3.3/4
13 (5) Wolf Whistle(SAF) / M.De Kock / J.Geroudis 11/1 1/2

 マクトゥームチャンレンジラウンドはI~IIIまであり、ラウンドIIはG3・ダート1800m、ラウンドIIIはG2・ダート2000mとなっています。まあ、ラウンドIIIが地元ドバイにおけるドバイワールドC(首G1・ダート2000m)への最重要前哨戦といった位置付け。

 グランドエンポリウムは、トリプルクラウン1600(南アG1・芝1600m)、デイリーニュース2000(南アG1・芝2000m)の2つのG1勝ちがあり、南アフリカ3冠の一つSAクラシック(南アG1・芝1800m)では2着に敗れています。通算成績11戦7勝。

 父National AssemblyはDanzig直仔で、香港スプリント(香G1・芝1000m)2着のナショナルカレンシー National Currencyを輩出している南アで活躍する種牡馬。南アフリカから、楽しみな一頭が国際舞台に名乗り出てきました。

 南アフリカ出身の、国際クラスの名馬といえば、古くはハリウッドゴールドC(米G1)を制したコロラドキング Colorado King、マンノウォーS(米G1)を制し全米芝チャンピオンに輝いたハワイ Hawaiiなどがおり、最近では、99年南アフリカ史上初の3冠馬に輝き、プロワードH(米G3)を5馬身差圧勝し、ドンH(米G1)に向かう矢先に骨折、引退となったホースチェスナット Horse Chestnutがいます。

 南アフリカは、70年代までは世界でも有数の競馬国だったのですが、アパルトヘイトによる経済制裁、ウイルス性の伝染病の影響などで衰退してきました。最近ようやく盛り返してきて、さてグランドエンポリウムはどこまで世界に南アフリカの名を轟かせることができるか。
スポンサーサイト
  1. 2005/01/21(金) 22:37:48|
  2. 05年ドバイ国際競走|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Silent Witness、14連勝へ | ホーム |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/19-e8141f1f

くろうま

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。