Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2006開幕

46 International Runners kick off world’s richest Carnival (Emirates Racing Association)
Shadwell Farm launches the 2006 Carnival (Dubai World Cup | Press Releases)
BRITISH DUO LEAD CHALLENGE (Sporting Life)
GODOLPHIN'S FIRST RUNNERS OF 2006 (Godolphin)

 現地時間1月19日、首・ナドアルシバ競馬場でドバイインターナショナルレーシングカーニバル2006が幕を開ける。ドバイワールドC(首G1)を頂点として総額3100万ドル(約35億円)という超高額賞金を誇るドバイインターナショナルレーシングカーニバルの初日を飾るマクトゥームチャレンジラウンドIでは、南アフリカのM.De Kock調教師がLundy's Liabilityで同レース3連覇を目指す。

1/19 首・ナドアルシバ競馬場
マクトゥームチャレンジラウンドI(4歳上、首G3・ダート1600m)

馬番 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手
1 (3) Baldaquin(GB) / R.Bouresly / P.Dillon
2 (6) Blatant(GB) / I.Mohammed / R.Hills
3 (1) Blue On Blues(ARG) / S.Seemar / R.Moore
4 (9) Brunel(IRE) / I.Mohammed / K.McEvoy
5 (7) Cherry Pickings(USA) / A.Laird / T.Durcan
6 (2) Kill Cat(IRE) / A.Peraino / J.Spencer
7 (5) Lundy's Liability(BRZ) / M.De Kock / K.Shea
8 (8) Near Dock(GER) / V Smith / M.Kinane
9 (10) Party Boss(GB) / C.Brittain / E.Ahern
10 (4) Petit Paris(CHI) / I.Jory / J.Egan

 残念ながら昨年の勝ち馬Grand Emporiumは出走しない様子で、ちょっと手薄な印象は否めない。とはいうものの、クイーンエリザベス2世S(英G1)でStarcraftの3着したBlatant、Lundy's Liabilityをはじめ、05年バージュナハール(準重賞)を制したCherry Pickings、ポルトマイヨー賞(仏G3)を制したBrunelなどそれなりのメンバーは集まった。まずはこのメンバーで結果を出せるか、M.De Kock調教師のお手並み拝見。

 メインレースのマクトゥームチャレンジラウンドIの他に、初日の19日に行われるレースでは、4R・シャドウェルファーム(芝1500m)では、05年英2000ギニー(英G1)で3着した英国馬Kandidateとトルコ最強マイラーSabirliが激突する。Kandidateは英2000ギニーで3着した後、セントジェームズパレスS(英G1)でShamardalの5着がある程度で未勝利に終わっている。ドバイで新境地開拓なるかどうか。

 Sabirliは04年トルコ2000ギニー(土G1)でKanekoの2着した馬で、昨年Kanekoがドバイで好成績を残したことを考えると(ラウンドI・2着、ラウンドII・3着)、Sabirliもドバイである程度はやれそう。マクトゥームチャレンジラウンドIに出てもそこそこやれそうな感じで、こちらに分がありそう。トルコダービー(土G1)では距離が長かったこともあってトルコ2冠馬Yavuz Starの3着に敗れたものの、トルコのマイルG1を2勝している。

 5R・シャドウェルファームS(ダート1800m)では、昨年のマクトゥームチャレンジラウンドIII(首G3)で2着と好走したElmustanserが出走する。全兄に99年ドバイワールドC(首G1)の覇者Almutawakel、全姉に01年英1000ギニー(英G1)2着のムワクレー Muwakleh、叔父にホワイトマズル(伊ダービー-伊G1)がいる良血馬で、05年12月のジュベルアリS(準重賞)・2着から同レースに臨む。

 6R・シャドウェルファームプレート(芝1777m)ではM.De Kock調教師がドバイデューティーフリー(首G1)に向けてKey of DestinyとWolf Whistleの2頭出し。Key of Destinyはゴールデンホーススプリント(南アG1)の勝ち馬で、昨年のジュベルハッタ(首G2)では3着。Wolf Whistleは南アG1・2勝しており、05年アルラシディヤ(首G3)の勝ち馬。とりあえずワンツーフィニッシュか。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/18(水) 00:26:21|
  2. 06年ドバイワールドカップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<マクトゥームチャレンジラウンドI(1/19)、Blatantが9馬身差圧勝 | ホーム | DIRCの幕開け、マクトゥームチャレンジラウンドIの登録馬>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/202-bbda45fb

くろうま

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。