Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マクトゥームチャレンジラウンドI(1/19)、Blatantが9馬身差圧勝

Blatant takes Sheikh Maktoum Challenge Round I (Thoroughbred Times)
Brittain’s Carnival Double (Dubai World Cup | Press Releases)
ドバイインターナショナルレーシングカーニバル1日目・動画

 現地時間1月19日、首・ナドアルシバ競馬場で行われたマクトゥームチャレンジラウンドIマクトゥームチャレンジラウンドI(4歳上、首G3・ダート1600m)は、R.Hills騎手騎乗の4番人気ブレイテント Blatant(セン7、首・I.Mohammed厩舎)が、05年バージュナハール(準重賞)を制したCherry Pickingsに9.3/4馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは1分36秒71(良)。さらに1.1/2馬身差の3着に、1番人気に支持された南ア・M.De Kock厩舎のLundy's Liabilityが入り、ポルトマイヨー賞(仏G3)を制した2番人気のBrunelは7着、04年のアルバスタキヤを制しUAEダービー(首G2)でもLundy's Liabilityの2着したPetit Parisは3番人気に支持されたものの8着と大敗した。

1/19 首・ナドアルシバ競馬場 Fast
マクトゥームチャレンジラウンドI(4歳上、首G3・ダート1600m)

着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (6) Blatant(GB) / I.Mohammed / R.Hills 9/1 1.36.71
2 (7) Cherry Pickings(USA) / A.Laird / T.Durcan 12/1 9.3/4
3 (5) Lundy's Liability(BRZ) / M.De Kock / K.Shea 13/8F 1.1/2
4 (1) Blue On Blues(ARG) / S.Seemar / R.Moore 9/1 6.1/4
5 (2) Kill Cat(IRE) / A.Peraino / J.Spencer 18/1 1
6 (3) Baldaquin(GB) / R.Bouresly / P.Dillon 10/1 3/4
7 (9) Brunel(IRE) / I.Mohammed / K.McEvoy 6/1 クビ
8 (4) Petit Paris(CHI) / I.Jory / J.Egan 8/1 1/2
9 (8) Near Dock(GER) / V Smith / M.Kinane 12/1 3/4
10 (10) Party Boss(GB) / C.Brittain / E.Ahern 20/1 16

 同レースを制したBlatantは、父Machiavellian、母がロックフェルS(英G3)の勝ち馬で英1000ギニー(英G1)でも3着のあるNegligent(その父Ahonoora)という血統で、半兄にトマスブリオン賞(仏G3)の覇者で03年UAEダービー(首G2)で2着したSonglark(父Singspiel)がいる。

 03年クイーンアンS(英G1・芝8f)で重賞未勝利ながらDubai Destinationの5着に入ると、クイーンエリザベス2世S(英G1・芝8f)でFalbravの4着、ヴィットーリオディカープア賞(伊G1・芝1600m)で2着に好走するなど欧州マイル路線で実績を残してきたBlatant。ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2004ではいいところがなかったが、レベルの高かった05年のクイーンエリザベス2世Sで人気薄ながらStarcraft、Dubawiの3着と好走。その後05年ベンマーシャルS(準重賞)4着後にゴドルフィンからシェイク・モハメド殿下の妻であるヨルダンのハヤ王女所有になり、このレースに臨んでいた。今回の勝利が約3年半ぶりの勝利であると共に重賞初制覇となった。通算成績19戦3勝。

 ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2006初日では、英・C.Brittain調教師が、3R・シャドウェルファームT(3歳、ダート1400m)をTiznow産駒のWell Armedで、4R・シャドウェルファーム(4歳上、芝1500m)をKandidateで制し、2勝を挙げる活躍ぶり。Kandidateは05年英2000ギニー(英G1)で人気薄ながらFootstepsinthesandの3着した馬で、60キロを背負っての3.3/4馬身差圧勝。ここでは力が違った。トルコのマイルG1を2勝しているSabirliは1番人気に支持されたものの5着に敗れた。

 5R・シャドウェルファームS(4歳上、ダート1800m)では、昨年のマクトゥームチャレンジラウンドIII(首G3)の2着馬Elmustanserが2番人気の支持を得て出走したものの、6着。。。

 6R・シャドウェルファームプレート(4歳上、芝1777m)には南ア・M.De Kock厩舎から南アG1馬Wolf Whistle、Key Of Destinyが出走したものの、Wolf Whistleは1番人気の14着、Key Of Destinyは12着と共に大敗。M.De Kock調教師は苦いスタートを切ることになった。

 7R・シャドウェルファーム(3歳上牝、芝1500m)では、仏G3を2勝しているSatwa Queenが2着で、フィリーズチャンピオンシップ(南アG1)を制しているRock Operaが1番人気で出走したものの3着。南アフリカ勢の苦戦が目立つ初日だった。

●関連トピックス
ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2006開幕
スポンサーサイト
  1. 2006/01/21(土) 20:53:06|
  2. 06年ドバイワールドカップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<アルシンダガースプリント(1/26)、展望 | ホーム | ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2006開幕>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/203-988364c9

くろうま

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。