Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

UAE1000ギニー(2/16)、Vague圧勝

Vague easily wins UAE One Thousand Guineas (Thoroughbred Times)
Easy Guineas for Vague (Dubai World Cup | Press Releases)
ROCK MUSIC BLOWS AWAY RIVALS (Godolphin)
Keating on hand to witness Rock Music win (DIRC Blog)
Montgomery’s Arch gets up in final strides (DIRC Blog)
ドバイインターナショナルレーシングカーニバル6日目・動画

 現地時間2月16日、首・ナドアルシバ競馬場で行われたUAE1000ギニー(3歳牝、準重賞・ダート1600m)は、M.Kinane騎手騎乗の1番人気Vague(牝3、英・J.Noseda厩舎)が、Imperial Iceに5.1/4馬身差をつける圧勝で人気に応えた。勝ちタイムは1分37秒83(良)。さらにクビ差の3着に2番人気に支持された南アフリカ2歳牝馬チャンピオンRock Operaが入り、3番人気Deveronは4着だった。

2/16 首・ナドアルシバ競馬場 Fast
UAE1000ギニー(3歳牝、準重賞・ダート1600m)

着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
10 (5) Vague(USA) / J.Noseda / M.Kinane 13/8F 1.37.83
1 (7) Imperial Ice(SAF) / H.Brown / K.Shea 33/1 5.1/4
3 (10) Rock Opera(SAF) / A.Laird / T.Durcan 9/4 クビ
7 (6) Give Me The Night(IRE) / D.Watson / W.Supple 22/1 4
4 (1) Deveron(USA) / I.Mohammed / K.McEvoy 100/30 2.1/4
5 (2) Donia Dubai(IRE) / R Bouresly / P.Dillon 14/1 1.1/2
11 (9) Zeina Of Arabia(GB) / D.Watson / T.Shea 100/1 1/2
8 (3) Lindus Atenor(GB) / M Al.Muhairi / W.Smith 50/1 クビ
2 (4) Princess Woodman(BRZ) / C.Morgado / M.Almeida 66/1 クビ
9 (8) Swan Maiden(USA) / A.Laird / R.Mullen 12/1 9
6 (11) Dont Dili Dali(GB) / J.Moore / J.Egan 100/1 1.1/2

 同レースを制したVagueは、父がSmarty Jonesの父として知られるElusive Quality、母April In Kentucky(その父Palace Music)という血統で、伯父にサンタバーバラH(米G1)を制したReloy(父Lilov)がいる。デビュー2戦目で初勝利を挙げると、アルバニーS(英G3)でRumplestiltskin(3着)に先着して2着。その後チャレンジスターS(英準重賞)で2着、デビュータントS(愛G3)でRumplestiltskinの4着という成績で05年を終える。06年はドバイから始動し、前走ムスタクバリC(3歳牝、ダート1400m)ではドバイ初勝利を挙げており、今回の勝利でドバイ2戦2勝となった。通算成績7戦3勝。今後は3月9日のUAEオークス(3歳牝、準重賞・ダート1800m)が目標となる。

 Vagueの勝利により、01年から05年まで同レース5連覇の偉業を達成したS.Bin Suroor調教師の6連覇はならず、01年から今年で6年の歴史を数えるUAE1000ギニーで初めてS.Bin Suroor調教師以外の調教師が優勝したことになった。また、02年からゴドルフィン勢が4連勝を飾っていたが、ゴドルフィンの5連勝もならなかった。

 また、同馬を管理するJ.Noseda調教師は、タブロイドC(4歳上、芝1200m)をMontgomery's Archで制しており、この日2勝を挙げる活躍。ドバイインターナショナルレーシングカーニバル2005で7勝を挙げていたが、今年はそれを上回る勝利数を挙げると思われる。

 同日行われたレースでは、05年サンパウロ大賞典(伯G1)でロイヤルアカデミー産駒Macbethの2着したPunch Punchが、7R・プロパティウィークリーC(4歳上、芝2400m)でドバイ2戦目にして初勝利。

 4R・アクエリアスC(4歳上、ダート1400m)ではゴドルフィンのRock Musicが快勝。前走ドバルT(4歳上、ダート1600m)に続く連勝で、ゴドルフィン勢として際立つ活躍。

●関連トピックス
UAE1000ギニー(2/16)、展望
スポンサーサイト
  1. 2006/02/18(土) 17:01:11|
  2. 06年ドバイ国際競走|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<アルファヒディフォート(2/23)、展望 | ホーム | Grey Swallow、ドバイワールドCに向けての調整は時間との戦い>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/221-c9d915d6

くろうま

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。