Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マクトゥームチャレンジラウンドIII(3/2)、展望

De Kock fields strong ‘Super Thursday’ team (Dubai World Cup | Press Releases)
Maktoum Challenge Round III highlights Super Thursday at Nad al Sheba (Thoroughbred Times)
DETTORI'S ELECTROCUTIONIST HOPES (Sporting Life)
ELECTROCUTIONIST SET FOR GODOLPHIN BOW (Sporting Life)
ELECTROCUTIONIST DIRT DEBUT (Godolphin)
A look at the Al Maktoum Challenge (DIRC Blog)
MAKTOUM CHALLENGE Round III Results: Historical (DIRC Blog)

 現地時間3月2日、首・ナドアルシバ競馬場では3月25日のドバイワールドC(首G1)に向けての最重要前哨戦マクトゥームチャレンジラウンドIII(4歳上、首G2・ダート2000m)が行われる。

3/2 首・ナドアルシバ競馬場
マクトゥームチャレンジラウンドIII(4歳上、首G2・ダート2000m)

馬番 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手
1 (7) Attentive(IRE) / S.Seemar / T.O'Shea
2 (14) Bosra's Valentine(USA) / R.Bouresly / G.Hind
3 (5) Change The Grange(AUS) / M.Tam / T.Durcan
4 (13) Chiquitin(ARG) / I.Jory / M.Kinane
5 (15) Eccentric(GB) / S.Seemar / J.Murtagh
6 (8) Electrocutionist(USA) / S.Bin Suroor / L.Dettori
7 (2) Elmustanser(GB) / D.Watson / R.Hills
8 (1) Hippodrome(IRE) / H.Brown / J.Bekker
9 (4) Jader(IRE) / S.Seemar / R.Moore
10 (9) Ketter(BRZ) / L.Singnoretti / A.Domingos
11 (6) Mistongo(URU) / S.Seemar / K.McEvoy
12 (3) Parasol(IRE) / D.Watson / R.Mullen
13 (12) State Shinto(USA) / R.Bouresly / W.Supple
14 (11) Surbiton(USA) / A.Al Raihe / R.Ffrench
15 (10) Todman Avenue(USA) / A.Al Raihe / W.Smith

 本番のドバイワールドCと同舞台・同距離で行われる同レース、注目は何といってもゴドルフィンデビューを飾るElectrocutionistがドバイのダートでどんな走りを見せてくれるかだろう。英インターナショナルS(英G1)で日本から遠征したゼンノロブロイを破ったことで、日本でも馴染みが深く、そして強さを知られているElectrocutionist。大種牡馬ながらダートで実績のないRed Ransom産駒という血統、ダート初戦という点から、全くの未知数ながらも、ゴドルフィンのElectrocutionistに寄せる期待は大きい。同馬の出走を嫌ってか、メンバーがやや手薄といえるだけに、ここは負けられない1戦。少なくとも次に期待が持てる内容でなければいけない。逆に、ここを圧勝するようなら、やや手薄なアメリカ勢に代わり、本番でカネヒキリの強敵となるだろう。

 Electrocutionistに対抗する勢力としては、昨年の覇者Chiquitinに2着馬Elmustanser、マクトゥームチャレンジラウンドIIで3着したEccentricらが挙げられれるが、Chiquitinは前走マクトゥームチャレンジラウンドIIで4着敗退、Elmustanserは06年ドバイで2走して6着、5着。Electrocutionistに比べると役不足の感は否めない。

●関連トピックス
マクトゥームチャレンジラウンドII(2/9)、Jack Sullivan連覇達成
マクトゥームチャレンジラウンドI(1/19)、Blatantが9馬身差圧勝
スポンサーサイト
  1. 2006/03/02(木) 23:48:53|
  2. 06年ドバイワールドカップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ジュベルハッタ(3/2)、展望 | ホーム | ドバイワールドC出走予定馬(3/14)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/238-068f9b32

くろうま

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。