Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

De Kock! De Kock!! De Kock!!!

 現地時間25日、首・ナドアルシバ競馬場で行われたバランシーン(3歳牝・3歳上牝、芝1777m)は、J.Geroudis騎手騎乗の1番人気ムーンダズル Moon Dazzle(牝4、南ア・M.de Kock厩舎)が、2番人気Ribellaを短頭差制して快勝。勝ちタイムは1分49秒80(良)。さらに、1.3/4馬身差の3着には5番人気Majestic Desertが入った。亜G1ウイナーでゴドルフィン移籍緒戦のForty Marchantaは3番人気に支持されたものの10着に敗れた。

 南ア・M.de Kock調教師は今回3頭出しで、3頭全てが掲示板を確保。24日にもアルラシディヤ(4歳上、首G3・芝1777m)をWolf Whistleで連覇しており、いよいよ本領発揮といったところか。

2/25 首・ナドアルシバ競馬場
バランシーン(3歳牝・3歳上牝、芝1777m)

着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (5) Moon Dazzle(USA) / M.de Kock / J.Geroudis 7/2J 1.49.80
2 (9) Ribella(IRE) / H.Gunes / H.Karatas 4/1 短頭差
3 (10) Majestic Desert(GB) / M.Channon / E.Durcan 10/1 1.3/4
4 (4) Emerald Beauty(ARG) / M.de Kock / W.Marwing 7/2J 1
5 (7) Royal Emblem(SAF) / M.de Kock / M.Kinane 16/1 1
6 (6) Brindisi(GB) / D.Selvaratnam / P.Smullen 16/1 1.3/4
7 (12) Festive Style(SAF) / S.Seemar / R.Moore 33/1 3/4
8 (11) Mansfield Park(GB) / S.Bin Suroor / L.Dettori 9/1 2
9 (3) Arlecchina(GER) / E.Charpy / P.O'Shea 14/1 2
10 (2) Forty Marchanta(ARG) / J.Etchechoury / K.McEvoy 11/2 2.3/4
11 (8) Menhoubah(USA) / C.Brittain / E.Ahern 25/1 5
12 (1) Why Dubai(USA) / D.Watson / W.Supple 100/1 8.3/4

 勝ったMoon Dazzleは、前走ケープヴェルディではRibellaから1.3/4馬身差の2着に敗れており、きっちりと前走から巻き返した。通算成績は9戦2勝。

 父Kingmambo、母June Moon(その父Sadler's Wells)という血統で、半兄には99年ニュージーランドT4歳S(G2)を制したザカリヤ(父Zafonic)を始め、独2000ギニー兄弟制覇のPacino(独2000ギニー-独G2)、Dupont(独2000ギニー-独G2、伊2000ギニー-伊G2)がいます。また、叔母に仏1000ギニー(仏G1)・2着のFirth of Lorneがいて、祖母KerreraはチェリーヒントンS(英G3)を制しており、英1000ギニー(英G1)で2着。さらに、牝系を遡ると、あのDante(父Nearco、英ダービー-英G1)、Sayajirao(父Nearco、愛ダービー-愛G1)と同じ一族になります。

 Kingmambo産駒で、この血統背景(こういう血統背景だからこそ、Kingmamboか)。こういう良血にKingmamboは合うんですよ。南アフリカでもこういう血統の馬がいるんですねえ。追いかけたい一頭です。


 また、25日に行われたドバイインターナショナルレーシングカーニバル2005の8日目の他のレースとしては、3R・アルムタワケル(3歳、ダート1700m)でM.de Kock調教師が管理するベクルクス Becrux(牡3、南ア・M.de Kock厩舎)が、2着に6.3/4馬身差をつけて圧勝(3着は2着からさらに3馬身差)。前走UAE2000ギニー(首G3・ダート1600m)では13着と大敗していたものの、これで一気にUAEダービー(首G2)への有力候補に躍り出ました。

 24、25日のドバイインターナショナルレーシングカーニバル2005・7日目、8日目は、ほんとに南ア・M.de Kock調教師が席巻した2日間でした。
スポンサーサイト
  1. 2005/02/26(土) 13:19:14|
  2. 05年ドバイ国際競走|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<ちょっと更新できなくなります | ホーム | 南ア・de Kock調教師、首・アルラシディヤを連覇>>

コメント

諦めたらそこでドバイ終了ですよ。

元々はデビュー2戦目のCoronation S.でも4着に食い込んだ程の素質馬なんですよね。移籍後にDe Kock先生はドバイできっちり復活させるというのが凄いですよね。
あともう一歩でG1だけど、なぜかその壁に塞がれた兄達を超える様なタイトルを奪取して欲しいですよね。
  1. 2005/02/27(日) 13:21:11 |
  2. URL |
  3. ろぜ #dQurB5mM
  4. [ 編集]

ディーフェンス!

 G1、獲って欲しいですねえ。せめて、きょうだい並にG2は獲って欲しい^^

 ドバイでレースがあるたびに、出走馬の中にde Kock先生の名前があって、レースの勝ち馬の調教師欄にはやはりde Kock先生の名前がありますからねえ。やっぱりすごいですわ。
  1. 2005/02/28(月) 13:51:36 |
  2. URL |
  3. くろうま #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/39-7afe69e4

[海外競馬]名牝All Along、Estrapade死亡

*[http://www.thoroughbredtimes.com/todaysnews/newsview.asp?recno=53078&amp;subsec=6:title=All Along, 1983 Horse of the Year, dies at age 26](Thoroughbred Times) 水曜日、史上初めて米国外を拠点としながらエクリプス賞の年度代表馬に輝いた[http://bunny.s44.
  1. 2005/02/26(土) 13:57:15 |
  2. 名牝達の後宮プラス1

くろうま

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。