Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マクトゥームチャレンジラウンドIII結果、ドバイワールドC展望

 現地時間3月5日、首・ナドアルシバ競馬場で行われたマクトゥームチャレンジラウンドIII(4歳上、首G2・ダート2000m)は、M.Kinane騎手騎乗の3番人気Chiquitin(牡5、SA・J.Barton厩舎)が、2着以下に3.1/4馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは2分04秒7(良)。2着に、99年ドバイワールドC(首G1)の覇者Almutawakelの全弟Elmustanser、3着に昨年ドバイワールドC・4着のGrand Hombreが入り、1番人気に支持された南ア・Yard-Armは5着に、2番人気Cherry Mixは4着にそれぞれ敗れた。

3/5 首・ナドアルシバ競馬場
マクトゥームチャレンジラウンドIII(4歳上、首G2・ダート2000m)

着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (7) Chiquitin(ARG) / J.Barton / M.Kinane 10/1 2.04.07
2 (6) Elmustanser(GB) / D.Watson / R.Hills 12/1 3.1/4
3 (10) Grand Hombre(USA) / S.bin Suroor / T.Durcan 12/1 3
4 (8) Cherry Mix(FR) / S.bin Suroor / L.Dettori 7/4 短頭差
5 (5) Yard-Arm(SAF) / M.de Kock / W.Marwing 6/5F 3/4
6 (4) Ruler's Court(USA) / I Mohammed / K.McEvoy 12/1 5
7 (3) Alma'Arry(USA) / A.Al Raihe / R.Ffrench 33/1 6.3/4
8 (1) Nooshman(USA) / M.Al Kurdi / R.Mullen 100/1 8
9 (9) Attentive(IRE) / S.Seemar / R.Moore 40/1 1.3/4
10 (2) Grand Stand(NZ) / P.Leyshan / P.Smullen 100/1 13

 同レースを制したChiquitinは、父Fitzcarraldo、母Murias(その父Big Play)という血統。初の重賞制覇でドバイワールドCに向けて期待が膨らむ大きな1勝となった、といっておこう・・・。

 いささか残念な、というか思い通りの結果にならなかったわけですが、有力馬それぞれに、初ダート、長期休養明けという不安材料を抱えていたのも事実で、マクトゥームチャレンジラウンドI、ラウンドIIできちんと結果を出してきていたChiquitinが普通に走ったら勝っちゃった・・・、という結果と言えなくもないです。離されたものの、2着に期待のElmustanserが入ったのは嬉しいことで、ドバイワールドC兄弟制覇もまんざら夢でもなくなってきました。

 Ruler's Courtは、いきなり結果を出すのはさすがに厳しかった様子。叩かれての一変に期待したいが、どこまで変わり身を見せてくれるか。Cherry Mixは案の定の敗戦でやや厳しくなってきました。シーマクラシック行くのでしょうか。Yard-Armはダートがだめなのか、ちょっと気が向かなかったのか・・・、わからない・・・by武豊って感じです。


 ドバイワールドCデイに向けての最終前哨戦が3月5日のスーパーサタデーに行われ、ドバイワールドCに向けてのドバイでの前哨戦であるマクトゥームチャンレンジラウンドI~IIIも終了しました。今までの結果を振り返って、簡単にドバイワールドCに向けて展望してみます。

1/20 首・ナドアルシバ競馬場
マクトゥームチャンレンジラウンドI(4歳上、首G3・ダート1600m)

着順 枠 馬名(生産国) 調教師 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (3) Grand Emporium(SAF) / M.De Kock / W.Marwing 11/2 1.39.92
2 (12) Kaneko(TUR) / E.Ates / H.Karatas 33/1 1.3/4
3 (11) Jack Sullivan(USA) / G.Butler / E.Ahern 12/1 1.1/4
4 (9) Chiquitin(ARG) / J.Barton / M.Kinane 14/1 短頭
5 (8) State Shinto(USA) / M.Al Kurdi / R.Moore 14/1 7
6 (7) Cherry Pickings(USA) / M.Al Kurdi / T.Durcan 14/1 ハナ
7 (1) Estimraar(USA) / M.Al Kurdi / R.Mullen 14/1 1/2
8 (2) Checkit(IRE) / R.Bouresly / G.Hind 14/1 5
9 (13) Surbiton(USA) / A.Al Raihe / W.Supple 14/1 クビ
10 (10) Tahreeb(FR) / D.Selvaratnam / P.Smullen 10/1 2
11 (4) Tropical Star(IRE) / A.Al Raihe / L.Dettori 6/4F 1
12 (6) Bonecrusher(GB) / M.Al Muhairi / S.Chin 33/1 3.3/4
13 (5) Wolf Whistle(SAF) / M.De Kock / J.Geroudis 11/1 1/2

 ドバイインターナショナルレーシングカーニバルの幕開けを告げたマクトゥームチャンレンジラウンドI(4歳上、首G3・ダート1600m)は、南ア・Grand Emporiumが快勝し、その後の南ア・M.De Kock調教師の快進撃を予感させる始まりでした。その後アルラシディヤ(4歳上、首G3・芝1777m)を制すWolf Whistle、アルファヒディ・フォート(4歳上、首G3・芝1600m)でYard-Armの2着するCheckit、マハーブアルシマール(3歳上、首G3・ダート1200m)を制すEstimraarなどその後各路線で目立った活躍をする馬たちもこのレースをドバイ緒戦にして羽ばたいていきました。

2/10 首・ナドアルシバ競馬場
マクトゥームチャレンジラウンドII(4歳上、首G3・ダート1800m)

着順 枠 馬名(生産国) 調教師 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (9) Jack Sullivan(USA) / G.Butler / D.Holland 10/1 1.52.55
2 (5) Chiquitin(ARG) / J.Barton / M.Kinane 12/1 1.1/4
3 (1) Kaneko(TUR) / K.Saglam / H.Karatas 7/1 2.1/2
4 (6) Grand Emporium(SAF) / M.De Kock / W.Marwing 11/10F 1
5 (4) Inamorato(USA) / S.Bin Suroor / L.Dettori 9/2 1.1/4
6 (2) Curule(USA) / D.Watson / W.Supple 8/1 4.1/4
7 (8) State Shinto(USA) / M.Al Kurdi / T.Durcan 33/1 9.3/4
8 (7) Checkit(IRE) / R.Bouresly / K.Manning 25/1 17
9 (3) Fandango Dancer(GB) / M.Al Kurdi / R.Mullen 14/1 1.1/2

 上位陣にやや入れ替わりが生じたものの、ラウンドIとそれほどメンバーが変わらないこともあって、ラウンドIの延長線上にあるものと捉えていい1戦でした。ラウンドI、ラウンドIIでそれぞれ上位を占めたGrand EmporiumJack SullivanChiquitinKanekoにそれほどの差はなく、拮抗した状態にあると言えると思います。

 参考までにラウンドIの覇者Grand EmporiumとラウンドIIの覇者Jack Sullivanが再戦した3月5日のバージュナハール(4歳上、準重賞・ダート1600m)の結果を載せておきます。

3/5 首・ナドアルシバ競馬場
バージュナハール(4歳上、準重賞・ダート1600m)

着順 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (4) Jack Sullivan(USA) / G.Butler / E.Ahern 4/1 111 1.37.73
2 (9) Grand Emporium(SAF) / M.De Kock / W.Marwing 11/2 3/4
3 (13) Qais(USA) / S.Bin Suroor / L.Dettori 7/2J 1/2
4 (2) Inamorato(USA) / S.Bin Suroor / K.McEvoy 14/1 2
5 (11) Emerald Beauty(ARG) / M.De KockM.Kinane 8/1 3

 Grand EmporiumJack Sullivanの差はほとんどなく、この2頭に関して言えば本当に接近した実力関係なのでしょう、ドバイにおいては。私はタイム信者ではないので、タイムはあまり気にしませんが、ラウンドIとバージュナハールの2秒の差は何なんだと思わなくもないですが、ナドアルシバのダートに慣れてきたためだと思うことにしましょう。

 ラウンドIIIにGrand EmporiumJack Sullivanの2頭が出走していたら、おそらくChiquitinの前後1馬身以内にはいたはずで、おそらくこの2頭はゴドルフィンマイル(首G2)に行くのでしょうが、ドバイワールドCに出てきたらすごく面白いと思います。

 とりあえず、現時点ではラウンドIIIをChiquitinが制し、ドバイワールドCに向けて有力馬の一頭として改めて存在感を示したといったところでしょう。これに、日本からアジュディミツオー、BCクラシック(米G1)2着のRoses in Mayが加わってドバイワールドCを戦います。ラウンドIIIを制したChiquitinがそれほど高いレベルにあるとも正直思えませんし、出るのかわかりませんが出るとしたら、Yard-ArmElmustanserGrand HombreRuler's Courtが叩いてどう変わり身を見せるかと、Roses in Mayがどうか、でしょうね、アジュディミツオーとしてみれば。チャンスあると思います、ほんとに。

 他のレースについては、そのうちやります。今日は寝ます。
スポンサーサイト
  1. 2005/03/07(月) 00:57:58|
  2. 05年ドバイ国際競走|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<首・アルバスタキヤ結果、UAEダービー展望 | ホーム | スーパーサタデー、セブンスターズ選択馬出走結果>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/48-d4244bc8

くろうま

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。