Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

首・アルバスタキヤ結果、UAEダービー展望

 現地時間3月5日、首・ナドアルシバ競馬場で行われたUAE3冠の一つ、アルバスタキヤ(3歳、ダート1800m)は、T.Durcan騎手騎乗の1番人気パロールボード Parole Board(牡3、英・M.Al Kurdi厩舎)が人気に応え、2着Duque De Enghienに5.3/4馬身差をつけて圧勝しました。勝ちタイムは1分51秒35(良)。さらに3.1/4馬身差の3着にはNed Kellyが入り、2番人気Safsoofは6着に、3番人気Claspは12着に敗れました。セブンスターズ絡みとしては、Lammtarra Barn選択馬のSafsoofが6着に。

3/5 首・ナドアルシバ競馬場 Fast
アルバスタキヤ(3歳、ダート1800m)

着順 枠 馬名(生産国) 調教師 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (6) Parole Board(USA) / M.Al Kurdi / T.Durcan 5/6F 1.51.35
2 (7) Duque De Enghien(PER) / J.Barton / A.Gryder 25/1 5.3/4
3 (16) Ned Kelly(SAF) / D.Maroun / J.Bekker 25/1 3.1/4
4 (14) Kandidate(GB) / C.Brittain / K.Manning 12/1 2
5 (3) Im Spartacus(GB) / D.Flood / J.Egan 14/1 2
6 (9) Safsoof(USA) / S.Bin Suroor / L.Dettori 7/1 3/4
7 (12) Forty Hablador(ARG) / D.Lowther / G.Hind 33/1 1.1/4
8 (10) El Santos(ARG) / P.Shaw / J.Geroudis 50/1 1.1/4
9 (1) Doctor Hilary(GB) / S.Seemar / R.Moore 16/1 2
10 (2) Blue On Blues(ARG) / D.Lowther / T.Pereira 25/1 2.1/2
11 (13) Dubai Dreamer(USA) / I.Mohammed / K.McEvoy 12/1 4.3/4
12 (11) Clasp(GB) / M.Al Kurdi / R.Mullen 8/1 5.1/4
13 (8) Tony James(IRE) / C.Brittain / W.Marwing 14/1 短頭
14 (5) Falick Tayeb(GB) / R.Bouresly / G.Avranche 200/1 17
15 (4) Von Dutch(IRE) / V.Chaloupka / P.Smullen 50/1 大差

 同レースを制したParole Boardは父Dynaformer、母Forget About It(その父Be My Guest)という血統。UAE2000ギニーの前哨戦ダマスプレートでデビューし、次走UAE2000ギニーを制すStagelightの2着。先週2月24日のメイドンを4.1/2馬身差圧勝してここに臨んでおり、通算成績は3戦2勝。次走にはUAEダービーを予定しているものの、UAEダービー(首G2・ダート1800m)に出走するには他の馬が出走を取り消すしかないが、おそらく大丈夫だろうと。出走がかなえばおそらくUAEダービーで1番人気に支持されるだろうとのこと(Shamardalはどうした)。また、今回の勝利で英ダービーでもウィリアムヒルの前売りオッズでは34倍になったそうです。めんどくさいので実際見てませんが。

 UAEダービーでは、このParole Board(牡3、英・M.Al Kurdi厩舎)に、UAE2000ギニーを制したステージライト Stagelight(牡3、英・J.Noseda厩舎)、アルムタワケル(3歳、ダート1700m)を6.3/4馬身差圧勝したベクルクス Becrux(牡3、南ア・M.de Kock厩舎)、そしてデュハーストS(英G1)など3戦全勝のGiant's Causeway産駒シャマーダル Shamardal(牡3、英・S.Bin Suroor厩舎)の戦いになるでしょう。

 UAE2000ギニーについて、全着順を載せておきます。

2/10 首・ナドアルシバ競馬場 Fast
UAE2000ギニー(3歳、首G3・ダート1600m)

着順 枠 馬名(生産国) 調教師 騎手 オッズ 着差(勝ちタイム)
1 (15) Stagelight(IRE) / J.Noseda / E.Ahern 8/1 1.40.42
2 (16) Gypsy Johnny(GB) / M.Al Kurdi / T.Durcan 18/1 3
3 (4) Mr Pensky(ARG) / J.Barton / M.Kinane 14/1 3/4
4 (13) Kandidate(GB) / C.Brittain / R.Moore 5/1 3/4
5 (10) Urquell(ARG) / J.Gardel / J.Noriega 8/1 2.3/4
6 (12) Blue On Blues(ARG) / D.Lowther / T.Pereira 40/1 短頭
7 (1) Duque De Enghien(PER) / J.Barton / W.Supple 10/1 1/4
8 (6) Im Spartacus(GB) / D.Flood / A.Culhane 25/1 2.1/2
9 (11) Clasp(GB) / M.Al Kurdi / D.O'Donohoe 25/1 4.1/2
10 (5) Space Maker(GB) / M.Al Kurdi / R.Mullen 33/1 3.1/4
11 (2) Xtra Torrential(USA) / D.Simcock / M.Dwyer 25/1 2
12 (3) Al Qudra(IRE) / D.Watson / G.Hind / 33/1 短頭
13 (7) Becrux(ITY) / M.De Kock / W.Marwing 7/2F 3.1/4
14 (8) Ned Kelly(SAF) / D.Maroun / K.Shea 20/1 5.3/4
15 (14) Juantorena(GB) / M.Al Kurdi / J.Carroll 25/1 1.3/4
16 (9) Tony James(IRE) / C.Brittain / R.Hughes 5/1 1.1/2


 なお、マクトゥームチャレンジラウンドIIIで4着に敗れたCherry Mixに関して、よく見てみたらRacing Postに今後についてのことが載ってました。

 ゴドルフィンノレーシングマネージャー、Simon Crisford氏はかく語りき。
「いやー、大満足ですよ。緒戦に(芝のドバイシティオブゴールドではなく、ダートの)マクトゥームチャレンジラウンドIIIを選んでほんとに正解でした。(ここの文節がandでつながれているんだけど、どう考えても順接のandじゃなくて、逆接のbutだろう・・・)次は芝のドバイシーマクラシックに戻りますけどね」

 ゴドルフィンとしては、とりあえずダートを使ってみて、適性を見たかったのでしょうね。冷静に考えると、さすがだなあと思うけど、言っていることがちょっとおかしい・・・。
スポンサーサイト
  1. 2005/03/09(水) 00:49:22|
  2. 05年ドバイ国際競走|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<G1勝てない一族、カリーカにムーンバラッドの牡馬が誕生 | ホーム | マクトゥームチャレンジラウンドIII結果、ドバイワールドC展望>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/49-b3ee48b3

くろうま

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。