Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Kingmamboの成功パターンの分析

 月曜日発売の競馬ブックで英・愛・仏・米の各種ランキングが出てました(書いているのはT.I.S.ですが)。それを見ていて思ったことがいくつか。

 まあ、当然のように思ったのがサドラーズウェルズ Sadler's Wells(牡24、父Northern Dancer)すごいなあってこと。13年連続、通算14度目の英・愛リーディングサイアー。いつまでサドラーの天下が続くのかわからないけど、死ぬまでは続きそう。

 では、死んだ後はどうなるのか。もしくは死ぬ何年か前でもサドラーの天下が終わったとして、ポストサドラーは何になるのかと考えたとき、キングマンボ Kingmambo(牡15、父Mr.Prospector)を置いて他にないんじゃないんだろうかと思った。

 種牡馬として、ヒットの積み重ねではなく、特大ホームランを打てる圧倒的な爆発力、これこそがKingmamboのすごさで、事実、ディヴァインプロポーションズ Divine Proportionsの活躍で出走頭数7頭ながらもフランス2歳リーディングサイアーに輝いているほか、英・愛サイアーランキングで出走頭数59頭(10位以内最少)、勝ち鞍数33(10位内最少=一つあたりの賞金額が大きい大レースを勝っている)で4位。英・愛2歳サイアーランキングで、出走頭数27、勝ち馬頭数6、勝ち鞍数10で6位。といった成績で、少ない頭数ながらも、その少ない産駒が勝ちまくってのランクインという内容。

 Kingmanbo(ページ右にアサクサキニナルの名が・・・w)が現在繋養されているのは米・ケンタッキー州のレーンズエンドファーム

 世界中で活躍しているKingmambo産駒ですが、その活躍の中心は欧州で、アメリカは合わない。芝・ダート兼用の種牡馬ながら、大物となると圧倒的に欧州の芝。それというのも、単純に欧州の芝が合うというよりも、Kingmamboに合う肌馬がアメリカ血統ではなく、欧州血統なのでしょう。アメリカではなく、欧州で繋養して、欧州の実績ある牝系にもっともっとつけていくべきだと思います。

 以下、代表産駒の血統・近親関係・牝系を列挙してみます。それを見れば、私の言わんとすることがわかっていただけるはず。

●キングズベスト King's Best
母:Allegratta
母父:Lombard(英2000ギニー-英G1)
半姉:アーバンシー Urban Sea(父Miswaki、凱旋門賞-仏G1)
甥:ガリレオ Galileo(英・愛ダービー-英・愛G1)
甥:アナバーブルー Anabaa Blue(仏ダービー-仏G1)
甥:アンジレロ Anzillero(ドイツ賞-独G1)

主な戦績:
英2000ギニー(英G1) 1着

 英2000ギニーでジャイアンツコーズウェイ Giant's Causewayに3.1/2馬身差をつけて快勝。愛ダービー(愛G1)で故障発生、種牡馬入り。アナテフカ Anatevkaから広がる名牝系の出身。

●レモンドロップキッド Lemon Drop Kid
母:Charming Lassie
母父:Seattle Slew
従兄弟:エーピーインディ A.P.Indy(BCクラシック-米G1)
従兄弟:サマースコール Summer Squall(プリークネスS-米G1)
近親:例の9億円馬w

主な戦績:
ベルモントS(米G1) 1着
トラヴァーズS(米G1) 1着
ホイットニーH-米G1 1着
ウッドウォードS-米G1 1着
フューチュリティS-米G1 1着
※2000年エクリプス賞古馬牡馬チャンピオン

 ベルモントSで人気薄ながら、米2冠馬カリズマティック Charismaticらを下しての1冠達成。真夏のダービー、トラヴァーズSを制した後は不振が続きましたが、ブルックリンH(米G3)7.1/4馬身差圧勝から、サバーバンH(米G2)、ホイットニーH、ウッドウォードSと続いた4連勝は圧巻で、その年のエクリプス賞古馬牡馬チャンピオンに。アメリカにおけるKingmamboの代表産駒で、シアトルスルー Seattle Slew、バックパサー Buckpasser、サーゲイロード Sir Gaylordと配されてきたコテコテの米血統。アメリカの名牝系ゲイミサイル Gay Missile系の出身。

●ラシアンリズム Russian Rhythm
母:Balistroika
母父:Nijinsky
半妹:Perfectperformance(父Rahy、ロイヤルロッジS-英G2)
伯母:アリダレス Alydaress(愛オークス-愛G1)
従姉妹:シャダイード Shadayid(英1000ギニー-英G1)
従兄弟:ケープクロス Cape Cross(ロッキンジS-英G1)
姪:レイマン Layman

主な戦績:
英1000ギニー-英G1 1着
ロッキンジS-英G1 1着
コロネーションS-英G1 1着
ナッソーS-英G1 1着

 世界的な名牝系出身です。広義で捉えるなら、プリティーポーリー Pretty Pollyから広がるPretty Polly系で、レディアンジェラ Lady Angela(Nearcticの母、ノーザンテーストの祖母)~バリダレス Balidaressとつながるその牝系は大げさではなく、世界中を席巻しています。狭義ではBalidaress系ですね。Balidaress系の出身としては、上記のAlydaress、Shadayid、Cape Crossのほか、パークアピール Park Appeal(チェヴァリーパークS-英G1)、ディクタット Diktat(モーリスドゲスト賞-仏G1)などがおり、2・3代に過ぎないのですが、すさまじい勝ちっぷり。

 日本で言うと、2連勝でクロッカスSを制したパリブレストがBalidaress系の出身です。祖母がBalidaressで、母が日本に輸入されてノーザンファームに繋養されているフレイムオブパリ。フレイムオブパリを輸入してBalidaress系を日本に持ってくるあたり、さすが吉田勝己と思いますね。悔しいけど。フレイムオブパリにKingmamboをつけたら、恐ろしいことになると思うんだけどなあ。

●ルールオブロー Rule of Law
母:Crystal Crossing
母父:ロイヤルアカデミー

主な戦績:
英セントレジャー-英G1 1着
グレイトヴォルティジュールS-英G2 1着
英ダービー-英G1 2着

 ぱっと見、それほどの牝系ではないですね、かなり遠くにラッキーソヴリンの名はありましたが。昨年の活躍馬です。

●Divine Proportions
母:Myth to Reality
母父:Sadler's Wells
半兄:ウィッパー Whipper(父Miesque's Son、ジャックルマロワ賞-仏G1)

主な戦績:
モルニ賞-仏G1 1着
マルセルブサック賞-仏G1 1着
ロベールパパン賞-仏G2 1着

 5戦全勝でカルティエ賞2歳牝馬チャンピオンに輝いた、名実共に欧州の頂点に君臨する3歳牝馬です。モルニ賞では、SS産駒Laymanを破っての兄妹制覇。凱旋門賞デーに行われたマルセルブサック賞でも、強いの一言。このまま勝ち続けて歴史的名牝へと上り詰めてほしい、そんな期待を持ってしまう一頭です。Whipperの父ミエスクズサン Miesque's Sonは名が示す通り、Miesqueの仔でKingmamboの全兄ですから、Divine ProportionsとWhipperも全兄弟といっていいでしょう。祖母Milliemeの全兄にシャーリーハイツ Shirley Heights(父Mill Reef、英・愛ダービー-英・愛G1)。

●エルコンドルパサー
母:サドラーズギャル
母父:Sadler's Wells
近親:ファザーランド Fatherland(愛ナショナルS-愛G1)

主な戦績:
ジャパンC-G1 1着
サンクルー大賞典-仏G1 1着
NHKマイルC-G1 1着
フォワ賞-仏G2 1着
凱旋門賞-仏G1 2着

 よく知られているように、渡邊オーナーの執念と血統の妙というものを体言したかのような配合。Sadler's Wells、フェアリーキング Fairy King、ヌレイエフ Nureyev、ジェイドロバリーを輩出しているRough Shod系。

●キングカメハメハ
母:マンファス
母父:ラストタイクーン
半兄:ザデピュティ The Deputy(父Petardia、サンタアニタダービー-米G1)

主な戦績:
日本ダービー-G1 1着
NHKマイルC-G1 1着

 ちと遠いですが、5代母のAimeeからはアグネスデジタルが出ています。さらに遠い話ですが、8代母のBlack Rayから広がる牝系としては、レディーズシークレット Lady's Secret(86年米年度代表馬、BCディスタフ-米G1)、ビリーヴ(スプリンターズS-G1)、アレキサンダーゴールドラン Alexander Goldrun(香港C-香G1)が出ています。

 もう説明は不要かもしれませんが、Kingmamboは、明らかに牝系の良さを最大限引き出した上で、良血からくる自身の種牡馬としての力を産駒に伝えてくれる種牡馬。血統の質の高い父系ですから、力のあるしっかりとした土(肌馬)になら、確実に大輪を咲かせてくれる種馬といえると思います。特に、実績のある欧州血統(特に名牝系)につけられたKingmambo産駒は、かなりの確率で化け物になります。

 自分的に夢の配合が、母ウインドインハーヘア(その父Alzao)という血統。ウインドインハーヘアは、Nashwan、Highclereを輩出している名牝系Highlight系の出身で、こういう血統とKingmamboは絶対に合うと思うんですが。ディープインパクト、ブラックタイド、レディブロンドなんて目じゃない化け物が出てきそう。

 もしくは、母バレークイーン(その父Sadler's Wells)。これは絶対走る。フレンチデピュティつけてる場合じゃないって。Northern Dancerの4×3、Specialの4×4、Native Dancerの4×5というかなりの近親配合ながら、Kingmambo超近親配合傑作のエルコン以上の産駒が出るはず。凱旋門賞取れるって、マジで。日本でもお馴染みの牝系で、Sun Princess(英オークス-英G1)、Sadler's Hall(コロネーションC-英G1)、Spectrum(愛2000ギニー-愛G1)などが出ているSunny Valley系。というより、フサイチコンコルド、グレースアドマイヤ、ミラクルアドマイヤ、アンブロワーズといったほうが手っ取り早いか。

 なんか妄想が膨らんできたけど、Rough Shod系、もしくはBalidaress系につけてるKingmambo産駒は絶対化ける(いるのか?)! とにかく、欧州の名牝系。絶対走る!!!

 まあとりあえず今後のPOGで、Kingmambo産駒で母が欧州血統の2歳馬がいたら、牡馬でも牝馬でも黙って1位指名しておきましょう。期間が終わる頃にはもう笑いが止まりませんよ、きっと。
スポンサーサイト
  1. 2005/02/02(水) 01:20:01|
  2. 血統・牝系|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ビリーヴにKingmamboの仔が誕生~名牝系Black Ray系について~ | ホーム | J&Bメット、伏兵アラストルが制す>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/9-7222b918

くろうま

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。