Darkhorse Runs

All Done, but the fighter still remains.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クイーンエリザベス2世C、展望

 4月24日、ワールドシリーズ・レーシングチャンピオンシップの開幕を告げる第1戦クイーンエリザベス2世C(香G1・芝2000m)が香・シャティン競馬場で行われる。かつては02年、03年と日本馬エイシンプレストンが連覇、02年に至っては2着にアグネスデジタルが入り日本馬のワンツーフィニッシュとなったことでも知られる同レースだが、04年に続き、今年も日本馬の遠征は実現しなかった。しかしながら、地元香港の8頭に加え、英仏独豪南アと計5ヶ国から6頭のG1馬が参戦と、国際レースの名にふさわしく各国から実力馬が顔を揃えた。枠順は以下の通り。

4/24 香・シャティン競馬場
クイーンエリザベス2世C(香G1・芝2000m)

馬番 枠 馬名(生産国) / 調教師 / 騎手
1 (13) Grand Armee(AUS) / G.Waterhouse / D.Whyte
2 (1) Bullish Luck(USA) / A.Cruz / B.Prebble
3 (9) Elvstroem(AUS) / T.Vasil / N.Rawiller
4 (14) Epalo(GER) / A.Schutz / A.Starke
5 (4) Touch Of Land(FR) / H-A.Pantall / T.Jannet
6 (11) Phoenix Reach(IRE) / A.Balding / M.Dwyer
7 (6) Greys Inn(USA) / M.de Kock / W.Marwing
8 (3) Vengeance Of Rain(NZ) / D.Ferraris / A.Delpech
9 (10) Perfect Partner(AUS) / A.Cruz / O.Doleuze
10 (7) Super Kid(NZ) / J.Size / G.Schofield
11 (8) Ain't Here(AUS) / D.Hayes / G.Mosse
12 (12) Russian Pearl(NZ) / A.Cruz / F.Coetzee
13 (2) Sambuca(SAF) / T.Millard / D.Dunn
14 (5) Elegant Fashion(AUS) / D.Hayes / S.Dye

 近年に増して外国馬のレベルが高い今年のクイーンエリザベス2世Cだが、注目を集めるのは豪州馬Grand ArmeeとElvstroemの対決だろう。どちらも豪州を代表する馬だが、両者の対戦は04年10月のコックスプレート(豪G1)まで遡らねばならない。コックスプレートではGrand Armeeが4着、Elvstroemが8着という結果に終わったわけだが、その後Grand ArmeeはG1・4勝、Elvstroemはドバイデュティーフリー(首G1)を含むG1・2勝と両者の成長は著しい。一回り、二回りの成長を経て香港・シャティンで行われる両者の再戦は、果たしてどちらに軍配が上がるのか。

 上記2頭に加え、香港ヴァーズ(香G1)、ドバイシーマクラシック(首G1)を連勝と勢いに乗るPhoenix Reach、04年のワールドシリーズ・レーシング・チャンピオンシップを制したEpalo、04年の南アフリカ2冠馬Greys Innが参戦と、レベルの高いメンバー構成。

 地元香港からも、04年の香港C(香G1)・2着のBullish Luckをはじめ、香港マイル・2着のPerfect Partner、香港ダービー(香G1)を制したVengeance Of Rainらが外国馬を迎え撃つ。

 香港ダービーを快勝してここに臨むVengeance Of Rainだが、香港ダービーからクイーンエリザベス2世Cを制した馬は、国際G1になる前となる00年のIndustrialistまで遡らねばならず、しかもIndustrialistは香港ダービー(4着)から香港ゴールドC(1着)を挟んでクイーンエリザベス2世C制覇というローテーションであり、参考外に近い。近年で言うと、03年では香港ダービーを制したElegant Fashionが2着に食い込んでいるが、04年では香港マイル(香G1)、香港ダービーを制し臨んだLucky Ownersが6着に敗れている。とはいえ、3連勝で香港ダービーを制した勢いから、健闘が期待される。

 Alexander Goldrunの回避によりメンバー中唯一の牝馬となったElegant Fashionは、03年はエイシンプレストンの、04年はRiver Dancerの2着と2年連続して連対しているものの、勝ち星はおろか連対すら長らく遠ざかっており、さすがに今年は厳しいか。


●関連トピックス
クイーンエリザベス2世C、出走予定馬

●関連サイト
クイーンエリザベス2世C 公式サイト
Elvstroem 公式サイト
スポンサーサイト
  1. 2005/04/21(木) 23:18:44|
  2. 香港|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<クイーンエリザベス2世C、直前情報 | ホーム | クイーンエリザベス2世C、各馬の調教状況>>

コメント

むずい・・

えらい難しいレースですね。コース実績ならBullish Luckか、Touch of Landの香港C組、実績で言えばオーストラリア2頭と、Epaloあたりでしょうか・・・。
  1. 2005/04/23(土) 09:23:21 |
  2. URL |
  3. 1972 #goQK8Jjw
  4. [ 編集]

馬券を買うとしたら、Bullish Luckの複勝ですけど、
Elvstroemがあっさり勝ちそうな気がしてます。

de KockさんのGreys Innにもがんばってほしいですけど。
  1. 2005/04/23(土) 15:09:00 |
  2. URL |
  3. くろうま #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darkhorse.blog4.fc2.com/tb.php/98-388bca13

くろうま

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Category

Search

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Seven Stars 選択馬一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。